スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福と成す

.30 2009 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(0)



編み方を金・日曜日とここに載せたけれど、はたしてあれが誰かの役に立つかどうか。
分かりにくかったら申し訳ない。
試された方が良いものを作れますように。

写真のチョーカーは、シニュー糸にホワイトハーツを通して、3列がずれないように糸通し穴をあけた革を挟んで作ったもの。

ネイティブアメリカンのチョーカーで、こういうチョーカーはよく見られる。
普通はヘアーパイプを使っていることが多いと思う。
チョーカーが好きな方は、作りを見て真似をすれば自分の色で3列4列と自由に作れる。 
興味があったら試されても良いかも。

私はこういう個性のある形がとても好きだ。
いつもこういう美しい文化の形に尊敬を持つ。
ビーズの色の組み合わせは私が持っている限りのものだったため、若干センスに疑問はあるだろうが。



今日は普通の日記。

最近の自分の周りは何かにつけて無いもの尽くし。
使用するものが足りないとか、持ち物が壊れてしまうとか、その場になって困ることが続いている。

昨日なんて風呂が使用できなくなった。
老朽化の末、アパートの風呂が水漏れしていることが原因で、しばらく別のアパートの風呂を使わせてもらうことになったのだ。

縫い針も買えない様な暮らしで、接着剤や仕上げ剤もなくなってしまった。
中途半端に残ったわずかなビーズでネックレスを作った。
何も装飾はこだわらなくても、と思い直し、貝を削り、革を切って編みを中心に作ろうとしたら。
とれる革もなくなってきたのに気づいた。
こうなるとやれやれだ。


でも、暮らしの状態に左右されるのは勿体ない。
私は楽天家ではないが(逆に心配性でネガティブな傾向が強い)、ここまで色々なことが起こると、これは何か別の答えを見つける時なのかもと思えてくる。

じゃなきゃ、こんなに私を凹ませる必要なんて無い。

行き詰まりもあったけれど、今なら見えるものがすぐ近くに来ているんじゃないかと思い始めている。
残ったものは何か。
私の生活の中で、日常使用していた考え方や物理的なものは次々になくなっていく。

ささやかな経験がこの私に残っている全てで、物もお金も立場も何もない今、一体どう行動するべきか。何を決めるべきか。


経験なんて言ったって、革細工のサイトなんて無数にあるし腕利きの職人なんて溢れかえっている。私は小細工の趣味状態だろう。

それでも、何か出来るんじゃないかと心が騒ぐ。
災い転じて福と成す。
泣くだけ泣いたことだし、転じる方向を探して頑張ろう。


何でもかんでもずっと変わらないとか終わらないとか、そんなことはない。
必ず、ほっといたっていずれ終了する。
それを良い時期に良い準備を作った上で終了と出来たら。
それは良い始まりの、始まりなんだ。


緑色のホワイトハーツの清々しい光をまた見れるように。
何十年もかかって螺旋の軸になった柔らかな貝を沢山の人に渡せるように。
生き物が遺していった一部をより良いものに作っていけるように。

頑張ろう。

 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。