スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える時間

.18 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)


何を作ることも出来ず二日が過ぎてしまった。
なのに、クラフトに出してよかったのかどうか。

悩む理由があって、上の写真がそれ。

厚い。 

革の厚さがこの通りだ。
この厚さだらけ、というのではない。
でもこれは縫うに縫えない。いや、縫えないわけでもないが仕上がりのものによる。

当たり前に、この牛軍団は紐には向いていない。
縫い物に使うことになるのだが、縫うということはこの革を重ねるという意味だ。
重ねる部分を漉いたって本体が厚さがあるのだから、そこに合わせるのだし。
5mmを縫うということだから、出来上がりは財布にも向かない。


何を作ればよいのだろう?
ミニチュア・・・ ミニチュア?!
ミニチュアもみっちりしそうだ。

といってこれは当然、私の手元にあるのだから端材。大きいわけじゃない。
使える面積は広くはない。何に使おう?

ノートをとって思いつくことを次々に書き込む時間が過ぎた。
とりあえず、バッグやそういうものを作るとして、それの頑丈でないとならないパーツにこの5mm厚を用いることにした。

財布型のキーホルダーなども考えていたのだが、使えないのでは勿体ない。
ミニチュアのようなものでも着せ替えパーツのように用途はとりあえずあるのだ。
形だけで使えないのも悲しいので、普通に実用出来るものとして、はじめから予定したほうが良さそうだ。


後日何が出来るか、今は私にもはっきりしないのだが、
良い形で良いものが作り上がりますように。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。