スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達

.18 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)

これを書き終るくらいに1年生は下校時間になるだろう。

先週約束したおそろいの小さい財布が出来上がり、渡すのみになる。


子供たちの親は、革のアクセサリーくらいなら何も言わないが、
こういう形になると気にするよう。
なので、先に連絡を入れておく。
近所の人だから、会った時にでも言えばいいのかも知れないが。
でも、子供が持って帰ってから何か困るのは気の毒だし、一応連絡をする。

革の小物、となるとこんなに小さいものでも『値段』が浮かぶらしい。
常識的な人々ならそうだろう。
作る立場であまり表と関わりの無い私はズレているのかも。

「値札があれば値段もあるけど、これはそういうものじゃないから・・」
と、伝えておく。
あげてもいい?と訊くと『わぁ!いいよ、有難う』と返ってくる。


すぐ失くすかもしれないし、どこかに置いてきてしまうかも知れない。
でも、手を繋いで走る仲の良い友達と同じものをもらう、ということに大切な意味がある。

お母さんに気兼ねなく、「これもらった~!」と喜んでほしい。
「○○ちゃんも同じなんだよ」の、気持ち。

大事な誰かと共有する何か、が大切さを磨くんじゃないかなと思いながら。





スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。