スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは?

.19 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)


↑なんでしょう?

革の円周をグルグルしながら、革紐をとっている写真です。
以前はハサミでやっていました。

しかし、今回はもう革包丁・・・ではないですが、このオルファの刃でとりました。
よく切れるので怖いくらいですが、とても作業ははかどります。
とは言え、慎重にゆっくりな動きの私は、12mをとるのに約1時間です。





こんなふうに紐になっていくのです。
他の人はどうしているのか分からないのが、私のとても原始的な部分です。
出来ることからやる、というのが性分のため、正解を導くまで長いのです。
きっと、もっと要領の良い方法や良いコツがあるのでしょうね。





これは麻です。ご覧の通り、麻を編みました。
微妙に蝋引きをしています。そうすると、裏方とは言え頼りになると思うのです。
私は今回麻を用いましたが、これも長さや強度をクリアする革があればそちらのほうが良いかもしれません。
・・・これの用途は裏方です。

革を選べる人なら、この『裏方』も革になさると仕上がりが俄然違うのでしょうね。





裏方の意味が見えました。
芯です。
そして、12mの革紐は4本に分割されて、長い編み物に使用されていきます。

4本で編んで、8本に合わせてさらに編みます。
続きは明日です。
とても1日では出来ませんでした。
形を決めるのに午前中と昨日いっぱいと考え込んでいたために午後では無理でした。

形、それはなんでしょう?
上手く出来たら明日答えが出ます。



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。