スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球規模の挑戦

.24 2009 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(0)



地球温暖化の深刻さをどこまで知っていただろうか。
知っているつもりで殆ど分かっていなかったに等しい。
そんな無責任で無関係な自分がいる。

トーマス・ウェインは言っていた。
『無知が問題ではない、知っていると誤解していることが問題』と。

今、図書館から借りた1本のDVDを見ていた。
2005年の制作で、2006年に公開、日本では2007年に初公開した。
『不都合な真実』という。

アル・ゴア元副大統領の講演式で語られていく温暖化問題の話だ。

そこには様々な地球を混乱と破壊に導く激変のデータと深刻な進行の啓発が次々に語られていく。
生態系がずれ、海面の温度の上昇による氷床の亀裂と融解速度、一世代のうちに予想される人口の急増、なんと今の子供達が50歳くらいになる頃には90億人になるかも知れないという。
300ppmを越えたことのない二酸化炭素、そして越えた上にさらに留まらない現在。
水没する都市、ハリケーンの多発、復活する病原体。そんなの知ってる、と思うだろう。
私もそうだった。

知らなければならないのは、真実の理解を妨げる意識の存在ではないかと、私は感じた。

興味深く分かりやすいスクリーンが出た。
天秤の前に立つ人間。悩んでいる。
天秤の秤の片方には金ののべ棒が積まれている。
もう片方には、『地球』だ。
ゴアさんは言った。大げさにも見えるが、面白がるものでもない。こう言った。
『地球が丸ごと!!』

地球が丸ごと。金、という金目の物と量られた上に、悩んでいるヤツがいる。


経済のために環境を捨てるのか、とゴアさんは問う。
いや、投げかける。『違うでしょ?』と。
二酸化炭素が倍増すれば地表の水分が4倍増、消える。
これがどれほどの惨事だか。想像なんかつかない。
かたや、溶けた氷河や雪解け水による生活水を頼りにしている地域では、水となる氷が消えてゆけば人はその土地を追われて移動せざるをえない。
何十万人、何百万人の難民の移動。
どこで受け入れるのだろう。
永久凍土が溶ければ石油パイプラインも影響を受ける。
その影響は次はどこへ現われるのか。
誰の生活に、いつから、いつまで、どんな形で、どこまでの日常生活への打撃を落とすだろう。

世界第4位の湖が干上がった写真を見た。
恐ろしいほどのカラカラ具合に、もう戻りはしないだろうと思った。

こんなブログで書き切れてしまうようなちゃちな内容ではない。

ゴアさんは、政治家が変わらなければ取り組めない規模なんだ、と熱く話す。
そして、一人一人の自覚と生活に現われる対策の行動がなくてはならないと。
これからどう、何を変えて、何を実現し、常に守るべきことは何か、ゴアさんは後半で説明し教授している。
国は何をすべきで、そのすべき行動を実現するとどのように変化がおき、二酸化炭素の削減を早められるか。
維持できるか。
どんな生活になるか。
地球は何十年後に1970年代より下回る二酸化炭素の数値になるか。


個人に今すぐ出来ることは、今はどこでも目にするように、電気の消費を抑えること。
発電に伴う二酸化炭素の排出は今の先進国ではまだまだ多いから。
そして、石油に頼らないように生活する方法を実践していくこと。
需要を減らすこと、車ではなく公共の乗り物を使うようにしていくこと。
次の日には忘れていないこと。


ぬるま湯に飛び込んだカエルが、ぬるま湯の温度の上昇に鈍感なように、恐怖と痛みを実感できない人間は危険なレッドゾーンに気づいていない。

私はもっと心がけていかねばいけないと痛感した。
過剰な贅沢は日常化すると麻痺してしまう。
気にしていても、贅沢を抑えようとするのが日常生活を制限する繰り返しだと捉えたら?

10年後にキリマンジャロの雪は消え、アラスカもグリーンランドも半分氷が解けてしまう。
観測が記録更新し続ける熱波の季節や台風の数と規模。
海流の狂いを引き起こすために広域の海で塩分濃度が上がっていく。
地図に書かれる大陸や島々の形が変化するという意味は。

全ては段階的に連続して逆ピラミッドを駆け上がるような影響を生み出している。
それも、一世代で。


私は地球を壊している生物だ。人間だから。
だから、壊さないで、出来ることなら直したい。
そうやって、毎日生きていきたい。

今までもそう意識してきたけれど、もっとそうする。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。