スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフ

.11 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



金具と革。私はこれまであまり使わない組み合わせだった。

今日のこのとても簡単な小銭入れ的な小物。
これは、カシメとマグネットホックが使ってある。
一枚の長方形に切った革を3つ折にして、カブセと背と胴にしただけだ。

なんの芸もない。金具のおかげで留め具にかかる時は一瞬で済んだ。
金属は使いようによっては本当に楽なキャラだと思う。
だから、私が味を占めてしまわないように今まで避けてきた。


でも本当は、簡単すぎるくらいのこんな作りのものが好きな自分がいる。

小学生だって工夫して、ちょっと凝ったものを作るだろうに。
なのに私はなんて素っ気ない趣向なんだ。
と、それは自覚している。

色合いの雰囲気とか金具の感じとか、そういうのは師のような職人さんのものに似せた。だから見た目は問題ないのだ。
作りがね。私の私らしいところ丸出し。

基が荒いのか、はしょりなのか。


何も、雑とかずさんなものだけが『ラフ』なのではないだろう。
一般的に出回っている品物を見ると分かる。
あからさまに手を抜いているとか、丸投げしている感じとか、いっぱいある。
でも、それを人はシンプルと呼んだり、デザイン性と呼ぶ。
『ラフ』というのは手がける人によって変化するのではなく、受容する側の流れによって変わるのかもしれない。


私の作るものの場合は。
反応の理由を自覚できているならそれで良いかとも思えてくる。

決して『シンプルなデザインだね』とは言われないだろう。

蓼食う虫というやつだ。
私は簡素化を具体的にものに使いたいし、機能やデザインを重視したものに興味がない。
で、こんな感じのものをたまに作ってホッとしたりする。

だが、誰もがポケットのある入れ物を望むのだ。
大丈夫、ちゃんと分かってる。


明日も頑張ろう。
ちゃんと頑張る。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。