スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなコースター

.21 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



直径10,5cmのコースター。

市販のものはあまり大きいものはないため、私の使うジョッキが乗らない。
ジョッキの底とぴったりか、やや小さいか、なのだ。
ジョッキが汗を滴らせる季節になったので、コースターを用意した。

これだと丁度ジョッキがおさまる。


表はコルクで、コルクのシートと革床を合わせてある。
コルクだけでも良かったのだが、厚みのないコルクシートだったので補強のための革床を貼った。

絵を付けたのは裏面。
表面に絵を入れたかったが、焼いて絵を入れるので溝が出来てしまう。
その溝からコルクが割れて痛んでは勿体ないので、裏に絵を入れた。


革の床面は使い勝手が良い。
裏方に留まりがちだけど、絵を描いたりするにはとても味がある。
ブスブスと焦げながら、細い煙を出して描いていく絵。
銀面に描いたこともあるが、銀面に描かれた絵は、使用するものによっては焼き目が薄れてきてしまう。
焼く絵は、床面のほうが似合っている。

使用しない時は、裏を見せて立てかけておけば、絵を飾っていることになるし。


コースターは沢山あってもいいものだが、自宅用には必要分だけ作るのが癖。
また要り様なら、その時また作れば良い。

なので、2個あるジョッキに合わせて2枚のコースターを作った。


表のコルクは堂々と絵を描けないが、縁に文字を入れた。
これくらいならコースターそのものに支障はない。

毎日使うものだから、早く汚れていくだろう。
そうやってちゃんと汚れていくのが楽しい。
日用品一つでも、一緒に過ごせる相手が一緒に年を経るのは、大切なことだと思う。

それは、コースターであっても感慨深くなれるもの。



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。