スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく作るもの

.13 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



小銭入れはよく作る。
好きかというと、別にそうでもない。

この大きさに良い革がある、という理由。
でも、厚みがあると小銭入れにさえ難しい。
私が作る小銭入れは、特になんの工夫もなく、ただただ小銭を少数持ち歩く用。
厚い革ばかり重ねても肝腎の小銭が入らなくなるからだ。

だから今日の小銭入れもシンプルで厚かった。



本体は牛、紐は豚。薄い革は豚くらい。滅多に2mm以下の革は使えない。
少し厚くても大丈夫な太目の編み物には馬を使う。
馬も残り少ないから、暫らく編み物は豚さんになるのだろう。

ボタンも牛。糸は調達できていなくて、手元にあった人工のシニュー糸。
この糸はあまり好きじゃない。使いにくい。
お肉屋さんにいって、骨を外した牛の足を貰って家で作るほうがいいのかも。


話を戻して、小銭入れというと、





こういう写真を載せたことがある。
覚えてらっしゃる方もいるかもしれない。
これは用途が『わずかな小銭とバンドエイド』だったので、とても小さかった。

今でも、この持ち主に会うと「ちゃんと持ってるよ」と見せてもらえる。
小さくても使われているのが嬉しい。





これも小銭だった。なんのことはない、超シンプルな小銭入れ
まだ、上記のチビ小銭入れのほうが手も時間もかかっている。

これは、私の趣味だ。

粗雑、といえばそう。
でも、私の好きなものは、人様が言うところの「雑」であり、「てきとう」であり、「機能的じゃない」ものだ。
で、これはそういうものを作りたかった。
・・・普段も特別手を込んだ作りのものを作ったことが無いけど。





カバン型の小銭入れ

この前見せてもらったら、革につやが馴染んで色も少し濃くなっていた。
使いやすかったようで、「ちょっとそこまで」用の財布が、仕事の時も日常でも使われていると聞いた。

これはお札もカードも一応入るから、そういう意味では「入る」ほうかもしれない。
でも小さいには変わりないよ。



載せた写真ばかりだけど、小銭入れは本当によく作るアイテムだと思う。
お財布、という普通のものや、カバンなどが出来ない分、いわゆる「革のアイテムで普通っぽいもの」は、どうしてもこのくらいが限度なのだ。



小銭持ち応援派です。








スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。