スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信

.06 2009 革の部屋 Leather comment(6) trackback(0)



牛の革で作ったバッグ。
紐が短いから、これは右と左に輪を作って結ぶ使い方。
その作った二つの輪にベルトを通してベルトから下げて使う。

シンプルで何の機能もないバッグ。






自信を持って!と、このバッグの持ち主に言われたことを思い出す。

このバッグを受け取った人は、革職人だった。
私の親より少し下くらいの年齢の人。

その人が私の作るものを見て、「こういうの良いよ」と励ましてくれた。


「私だってホントは、機能的なバッグなんて作りたくないんです。でも食べてく為だからね」と言っていた。
「ホントは私も、こういうの作っていたいんだよ」と、受け取ったバッグを見てその人は話してくれた。


その革職人は年間に400近いバッグを作り出す。もう20年以上も一人で作り続けていると聞いた。
どんなバッグでも作り出す。物理的に不可能でない形なら、何でも革で作ってしまう。
独学で切り拓いたその人の言葉が、私の中でいつも支えになっている。



これを渡した時も、これもらってやってくれませんか?と私は差し出した。
なんでも精巧に作り出すベテランの職人に渡せるような代物ではない。
それでも当時の私の精一杯だった。

その人は自分の凄さを自覚していない気がする。
このバッグを大きながっしりした両手で受け取って、「え!これくれるの?!」と喜んでくれた。


こんな代物で・・・、でも何か渡しておきたい・・・。
恥ずかしいなぁ~と思いながら、渡した拙いバッグ。
その反応が意外すぎて、今でも有難く記憶に残る。




自信か~・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自信持てるといいなぁ。
別に自信満々じゃなくていいから、ある程度、言い訳しなくていいくらいの自信、持てるといいのにな~


作り続けて、見たいものが沢山見れるようになったら。

その時に自分にも、見たかった何かが宿っているのを見ることが出来るのかなぁ?



そう願う・・・毎日。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。