スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵を描きに行くためのミニ・バッグ 

.14 2009 革の部屋 Leather comment(4) trackback(0)



ひどい鼻炎だ。散々だ。
頭痛はもう30時間も続いて、昨夜は咳が止まらなくて呼吸困難。
耳まで痛くなる始末。

こんなになるものなのか、とうんざりしている。

あまりにおかしかったひどさに、良くなってほしくて横になっていたけれど。

全然変わりがないから諦めて昼頃から動くことにした。
困ったものだ。



咳だけでも治まっている時間に作ろうと思って、二つの小さなバッグを作った。


カブセのある焦げ茶色のほうは5cm未満の本体、緑色のほうは丁度5cmくらい。








焦げ茶のカブセを上げたところ。緑のほうの裏側。

二つとも、中には小ポケットがそれぞれついている。
実際の大きさでは適わない、ポケットも付けるという状態がミニチュアでは適うのが嬉しい。

私がもし、大きな革を使うような時が来たなら、普通のバッグを是非作ってみたいものだ。

今はミニチュア止まりだけど。
ミニチュアを作るといつもそんなことを考えながら作っている。



この小さいバッグ一個につき2時間近くかかっているような私の緩慢な動作では、
まだまだ普通のバッグなんて遠いのかもしれない。

神様はそれを知っていて、私は暫らく端革で腕を修行するのだろう。



普通のバッグか~・・・ いつか作ってみたいなぁ。

きっと1週間くらいかかるんだろうな。私遅いから。普通の人の2~3倍の時間が要ると思うもの。


頑張ろう。





あぁ、忘れるところだった。


何でタイトルが『絵を描きにいく』だったのか書いていなかった。
すっかり朦朧として・・・

何でかというと。



私は絵を描くのだけど、戸外に絵を描きに行くという事が特にない。
戸外に出ると紙に描かなくても頭に残る。

それを持ち帰ってから家で描けばいい。外では外にいるときしか出来ないことをする。
・・・ようになった。



もう一つの理由は、私が描きやすいサイズのスケッチブックを入れられるバッグがないこともある。

この理由はずっと前によく思ったことだ。(ざっと20年前から)
市販のバッグは大きい大きいと言われていても、大体がA4が入るくらい。

私はその少し上のB4が一番描きやすいサイズで、B4のスケッチブックがいっぱいある。
だから、良いバッグが見つからなかったのもあって、私は戸外で見た風景を頭の中に残す、という方法をするようになった。




で、ミニチュア。

画板と紙、筆・・・まあ、チャコールがいいだろう、本当は。

これがすっぽり入ったら良いな、と思って作ったんだ。




いつか大きい革が使える時、その時は自分でB4用のバッグを作るんだ。1週間かけてでも。

そうしたら、外で描くことも出来るもの。







スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。