スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥のマグネット

.18 2009 革の部屋 Leather comment(7) trackback(0)


↑わかるかな~・・・

これはハチドリのマグネット。羽ばたいているところを横から見てる感じ。
前から見れたら良かったんだけど、革がその大きさに満たなかった。


このハチドリのモデルは、ノドアカハチドリ。Ruby-throated hummingbird というらしい。
小さな体で毎年3000km以上もある旅をする。
花の蜜を栄養源にすると聞いているけれど、3000km・・・ すごいことだ。

大きさは9cmほどで、重さなんて3g。 どこにそんなパワーがあるのだろう。


ちょっと畏敬の念も籠めて、ハチドリを作りたかった。

  


恐竜ウサギとカメ、ときて、次はいつ何を作ろうと思っていたけれど。

今回は鳥。 鳥のマグネットに決めて、3種類だけ作った。











単体だと分かり辛いかと思って背景付き。

氷の上で直立して歩く鳥は、この足の短さから大体予測が付いてもらえるだろうか。


ペンギンのマグネット。


一人ぼっちだと少し寂しいのは、ペンギンが群れでいる様子が常に頭にあるからかも。
後何羽か、作ってあげたら落ち着くだろうか?









これはカモ。 アイガモ。 の、つもり。

私の住んでいる近辺には川(きれいなわけじゃない)が結構あって、アイガモがどこからともなくやってきて、のどかに川を泳いでいる。
水辺が多いのもあるからか、カモが夕方に飛んで戻る姿もよく見られる。

カモは可愛い。

触ったことはないけれど、とっても触ってみたい。ぽんぽんになった丸っこいフォルムが魅力的。
マグネットは平たいけど、ぬいぐるみでもあればいいのに。





鳥のマグネット。

もっと色々な鳥を作りたい。 でも、ちょっと考えてしまうこともある。


鳥は色があるんだ。
それも特徴的な色で、その色があってこそ、その鳥を思い出すような色。

ハチドリもそうだし、ペンギンもそう。

アイガモは雌は茶系だからまだ分かるにしても、その名を示す色があり、イメージの色がある場合。
鳥に色を入れられないのは、少し申し訳ない気がした。


体中が一色の鳥なら、シルエットとしても受け取れるかも。
でも、多くの鳥はそうではなく、そして私達は体型で思い出せる鳥の姿はよほど特徴的な鳥だと思う。

フラミンゴ、ダチョウ、ペリカン、オオハシ、キウイ、ミミズク、ツル、ニワトリ、インコ・・・

この中でも持ち色を失っては勿体ないと思う鳥はいる。



食べ物のマグネットを作らない理由が「色」だった。
色を失ったシルエットだけの食べ物は見るに忍びないから。

鳥はカラフルな生き物だと思う。


その色を使わないで作る「革の色」のマグネットには、やや合わないかもしれない。



私は革に色を塗るのは嫌なんだ。
それに赤や青の革を使うこともしたくないし。





鳥はいつかまた、別の素材で会いたいと思った。









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。