スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻視

.21 2009 未分類 comment(2) trackback(0)


この人は誰なんだろう。




朝。 何か描きたくなって、今日は絵を描こうと決めた。
でも、何を描きたいんだろう?と考え始めて時間が経つ。

お香の煙が立ち昇る中、机の前で座り込んでじっとしていた。


人を描こう、と思った。


で、この人。 首にネッカチーフを巻いて、色は入れないけど髪に飾りをつけている人。

男の人だ。









4Hの鉛筆で一気に描いていく。
この時点では、まだイメージの顔というだけだ。

年をとった男の人で、でも静かな引き締まった表情をいつもしている人。
それで、髪が長くて、髪に飾りをつけている人。
飾りの色を入れたら余計な目立ち方をするから、描きたい雰囲気にならないと思って飾りは鉛筆で描いただけ。


顔は正面を向いているけど、こちらを見ているわけじゃない。

もっとずっと遠くのほうを眺めている。
そしてこの人の後ろもまた、遠くまで広がる何にも遮らない場所。









Hの鉛筆とBの鉛筆で凹凸の影を入れる。

上から絵の具を塗ると黒い影は薄く見えるから、ある程度戸惑わないように影を示す。
でもこの絵は、変な話だけどちゃんと見えてないから、しっかりした影を付ける気はない。

人の顔立ちが分かればいいだけだ。 私自身に。




そして水彩で色を塗っていく。

この人の何が描きたかったかというと、この人の優しい目だった。


顔立ちや雰囲気は大切だけど、この人の『どうしてそんなに優しい目をしているんだろう?』と、
そう感じる目を描きたかった。

だからとりあえずイメージが掴めている間に下絵と色合いを作ってしまいたかった。

そこに『目』が入る。



目は入った。

まだこれからこの絵は手を加えていくと思う。



とりあえず落ち着いた。

後はこの絵の邪魔にならないように、この絵を崩さないように、手を加えていくだけだ。
ゆっくりやろう。






・・・・・でも、この人は誰なんだろう。
















===========================================================================


夕方4時頃。

出来上がった絵。

夕暮れ時で光が当たらなくて、写真の色が暗くなったけれど、本当は黄色い感じのまま。

それにしても色が暗くなってる気が。 絵の中でも日は暮れるのか。






他の命と一緒に描いて、絵はイメージから現実に。

この人は何を背負って生きているのだろう。




疑問は答えが出ないまま。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。