スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュリンク革ショルダーベルト

.24 2009 革の部屋 Leather comment(6) trackback(0)



昨日のポーチ。 ベルトが付いたらポーチとは呼ばないのだろうか?
こういう場合はポシェット? だね。


本体はベージュの麻糸でかがってあるけど、ベルトは生色の麻紐でかがった。
理由は、麻糸でベルトもかがるとなると、糸が足りなくなるだろうと思ったからだ。

私は糸の手持ちも多いわけではないから、出来る範囲で出来ることをするしかない。


色の違いはちょっと気になるけれど。



使った紐の長さは約6m。 この程度のかがりでも、90cmちょっとのベルトの側面をかがると結構必要。

この6mを糸でやろうとすると、もっと要り様になる。糸と紐の太さは相当違う。
太さが違えば、通し穴の感覚も異なる。見た目のばらつきも抑えないとならなくなる。

糸でやるには、私のような材料制限のある場合は浪費になるだけ。


伸びてしまっても困るようなベルト。

裏に革を当てるのは一般的だ。でも出来ない。 私のその日に都合の良い長さの革は何枚もない。
端革のシュリンクは伸びやすい向きの伸びやすい部分。何かでかがるなら、伸びにくい状態を作れる。


結局、かがる以外方法は無く、紐を併用して革の伸びを防ぐ、という結論でこうなった。




肩に当たる部分だけは2枚重ね。

ここだけは裏に当てられる同じような革があった。
これだけでも充分だ。



このくたっとしたミニ・ポーチの中に丁度良い小銭入れでも作ろう。

小銭袋でもいいのだけど、どうせだから納まりの良い小銭入れを用意しておこう。



後は何かあるかなぁ。






スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。