スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端革の端の、カメとトカゲ

.07 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



この二つは、あるチャレンジの始まり。

大きさは5cmか、それよりちょっと小さいくらい。
使う革は、多めに切っても端っこの端くらいで何とかなる大きさしか使わない。







今までにどのくらいのものを作ってきたか分からないけれど、いつも違うものを作っている。



同じものを作るということが出来ないからだ。


似たようなものは少しあったけど、結局同じ革がなくて2つ以上出来ないことが殆ど。
もし同じ革があっても作るのに躊躇するという部分もある。


同じものが3個作れるとしても、4個も5個も可能だとしても、
別に商品を作りたいわけではないから作る必要がない。
その分の革で、別の何かを作るほうに進むことが必要なんだ。

何が出来るか、可能性を探すこと。 それのほうが大切なんだ。



こうした理由で、たまに同じようなものを作れそうな革があっても使わない。

でも、大体は使う革はそれのみである場合が多いからなんだけど。
一枚の大きさはその端革によって違うけど、出来るだけその革を無駄なく使いたい。
切って不要な部分を出すのは勿体なさ過ぎるんだ。

手に取った端革の形を、極力削らないように何かを作ることが大切。


私の場合は、だけど。









このカメも、さっきのトカゲも、そういった使い方をした後でも残る革で作っている。

もう一つ、カメのほうはちょっとだけ糸が使ってあるけど見えるかな?

昨日の腕輪を作った余りの糸を使いたくて、カメに使った。
そして、余り糸5cmを残してカメも縫い目を付けられた。 充分だ。


余った糸、余った革。

それでもどこまで作品になるんだろう、と思って使う。
ミニチュアやマグネット等もそういう流れで作っているけど、今回のカメやトカゲは更にシンプル。

どこまで、使い切って作品の状態に出来るだろう。


こんなにシンプルだと、あまり目立ちはしないけど。

でもこういうのもいいかなぁ、と。





「こんなの作品って言うの?」

と、思われるかもしれない。 う~ん。そうだなぁ・・・私だから言えるんだと思うなぁ。

他の人みたいにちゃんとしていない立場の私が作っているから、これでもアリだと思う。

もし、革作家とか革職人とか名前が付いちゃったら、こうしたものは出せないんだろうから。
私はそういうボーダーラインの外側にいるのかもしれない。


一人ぐらい、そういうのがいないと端革で小さい生き物がいなくなってしまうね・・・

なんてことを思いながら、これからも端革の端っこのチャレンジを続けようと考えている。



出来るだけ、捨てない。

出来るだけ、形になるように。


私の努力次第だ。




スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。