スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革のツリーの飾り

.15 2009 未分類 comment(4) trackback(0)

タイトルのまま。 ツリーの飾りにするつもりのもの。



去年はこうしたものを作らなかった。去年もおととしも。
去年はクリスマスツリー、その他クリスマスのためのものを持っていなかったし、一昨年は車の中でクリスマスを過ごしたからだ。

今年は・・・・・



でもこれは残念だが、私の家に使うためではない。
そういうものだ。

自分のために作るほどのことはない。 私がのんびりクリスマスを祝えるのはまだ先のことだろう。
これは誰かしら・・・ そうだ、誰か、ツリーに飾る人が持っていくのだろう。



今年の私のクリスマス。 まだ一ヶ月ちょっと先だけど。


自分なりの祝い方を、自分だけの空間で、誰の言葉もちょっかいも差別もないでするクリスマス。

気を遣うことも見栄を張ることもない。
変に自分の宗教柄を出すこともない。
誰かの大事な誕生日、というのはクリスマスでも同じこと。 私にとっては。

それでいいよね、と神様に心の中で言う。





ツリーに飾るものを作っただけでいろんなことを思い出す。







馬。

1ダイム硬貨と並べた。 ベルトとかは本当は付けたくなかった。
吊るす紐を縫いこむのを忘れたから、ベルトを付けることになった。
ベルト無しの馬のほうがいいなぁ、とこれを見てても思う。

取っちゃおうかしら。







牛。

2000年ほど前、ベツレヘム近くの牛はどんな牛だったんだろう。
そんなことを考えながら作っていた。

北アフリカの牛のほうが、ヨーロッパの牛よりも似ていたかとか。






羊。

まだ何頭か作らないと、と思っている。
角のある羊とか、色の違う羊とか。

羊も耳が長い種類がイメージにあって、それにあまり白い羊、というのは私のイメージには浮かびにくい。


白い羊は2頭くらいでいい。








木と、松ぼっくり。

松ぼっくりって、たくさん形がある。
だから松ぼっくりという名前で紹介していいかどうか。

木は、もみの木のことを考えていたわけじゃなくて、レバノン杉のことを思っていた。
実際見たことのない木だからよく分からないんだけど。






これからまだ、何個も作るだろう。

25種類~30種類くらい、複数作れるものは色が違ったりサイズが変わったりしながら。




どんどん寒くなっていく。
それにどんどん日が短くなっていく。

クリスマスの前に、冬至のお祝いをしなきゃね。








スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。