スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金色の海

.18 2009 一滴の栄養の部屋 comment(4) trackback(0)




美しい。

それより必要な言葉なんてあるんだろうか。


邪魔なものはある。 人工物とか船とか。まあでもいい、そんな程度はこの自然の何一つにも関われない。




今日は苛々しながら作業をしていた日だった。

理由はどうでもいいこと。
そんなどうでもいいことにさえ反応している自分が情けない。


外に行こうと思っていたのも時間が過ぎて、とうとう夕方まで1時間あるかないかに。
こうなると天邪鬼な私の嫌な面が出てくる。
ふてくされて外に行きたいのに行かなくなる。

とりあえずここからは、30半ばになった心の成長もあって、自分を押さえつけながら表へ。

画家が待っていてくれて、画家と一緒に海へ行った。




行ってみたら、こんな景色だ。

ほら見ろ、と自分に言ってやりたくなる。 やっぱり来て良かった。









砂浜は雨の翌日とあって大量の石や貝に埋まっている。


金色の光が僅かに雲の厚さに隠れた時。

石たちが本来の色を見せた。 それにしても皆丸くて、可愛い。
どういうわけか、砂浜に上がる石は、皆何となく明るい色調の石ばかりな気がする。


石の周囲が砂の色だから、石自体が明るい色に見えるのか。

砂浜は灰色なんだけど、それでも水のきらめきなども手伝って反射が高い。
その分同系色は同じ明度に感じやすいのか。









画家が撮ってくれた。

誇らしげな画家曰く、『金色の太陽の直線を重視した』そうだ。



私真っ黒ね・・・




良い写真だ、と褒めておいた。 彼はとても満足げで、帰り道も写真は良かったかどうかを聞いてきた。

勿論その時も私は、『良い写真だ』と答えた。


確かに良い金色の直線が撮れている。 良いと思う・・・・・










夕日は雲を退けて、再び砂浜を照らした。


石はさっきとは違う、一瞬で完全な金色の時間に組み込まれた。




自然の美しさに、人間の憧れ「芸術」なんて到底近づくことさえないだろう。

そう思うに止まる、黄金の時間。



偉大、美しく、大きく、壮大で溢れる生命力。


この、ほんの小さな一瞬に生きていられる今に永久の声を聞く。













お土産に持って帰った石と貝。


綺麗だね(^^)





スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。