スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛革のミニ・ショルダーバッグ

.19 2009 革の部屋 Leather comment(6) trackback(0)


以前に作った小さいバッグは豚革を使っていた。
柔かいし薄いから、ひっくり返すのに良かったのだ。

今日のこれは牛革で作った。



そういえば小さいモカシンと一緒に作った白いリュックも牛革だった気がする。
牛革といっても、くったくたの部分で作ったのだ。

モカシンは鹿。



多少の厚みがあっても、鹿や豚はわりと柔かい気がするけど、牛の革は柔らかいといってもそんなには・・・

牛革はみっしりしている感じだ。 薄くてもみっしり。 柔らかい加工でもみっしり。
何となく重みもあるし、やっぱり牛は牛なのだ。


そんな感じだから、あまり小さいものを作るとなると牛の革は手が出しにくい。


今日はうっかり牛の革で作り始めたからこうなった次第。

やってみれば、意外と使いにくくもなく順調に進んだ。
だけど、これは表から縫い付けるタイプのバッグを選んだからだろう。

とてもじゃないけど、ひっくり返すのはこのサイズとこの厚さじゃする気になれない。



・・・・・どうなんだろう?

柔かくて適度な張りがあって薄~い牛革なら、ひっくり返したりできるのかなぁ?


今私のところにあるのは、本当のサイズのバッグを作るための革だから、そんな薄いのはなさそうだけど、
私が厚い厚いと言っている革でも、いざ普通サイズのカバンを作ると当然ひっくり返されているのだし、
ミニチュア用に薄くて張りのある革を選べば、普通のバッグみたいに作れるのかもしれない。



・・・・・いずれ、機会があったらぜひやろう。










このバッグは小さくって、5円玉と同じくらいの胴。

以前作ったものよりも小さく出来ているのかな。 
『ひっくり返す』という分を考慮しないですむだけに、出来上がりの大きさのままカットするのでこうなったんだろう。


私は型紙がないから、以前作ったものは一体どのくらいか、手元に現物がないとよく思い出せない。



現物は遠くに行ってしまった後だ。



今度は型紙を一応作ることにしよう。

じゃないと比較も何もないものね。





牛革のミニ・ショルダーバッグでした。





スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。