スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒いバッグ・本体

.21 2009 革の部屋 Leather comment(3) trackback(0)



本体部分のみ。


牛シュリンク革で黒いものがあって、それが結構大きかった。
くるっと丸めると、上の状態になった。

でも端の部分の長さが極端だから、別の薄い革をあてがって、やや深さの安定をしようと思った。









真正面はこんな感じ。


向かって右側の後ろ部分が高くなっている。

これはこれでいいのだ。 だけど、バッグを閉じる時にちょっと考える。
それで茶色の革を付け足した。









後ろから見ると分かりやすいね。

さっき『向かって右側が高い』と書いた箇所が極端に出ている。
ここに薄革の絞り口をあてるので、若干薄革のほうもいびつに取り付けることになった。


いびつ、と言えばいびつだけど、私が作るものである以上何の問題もない。

ちゃんとしたものを作り続けている人はご覧にならないように、と思うだけ。
その人たちが目にしたら笑われるだろう。

それも仕方ない。



そういうものだ。






『お前はお前でいいの』と、思うのは私の役目。

端革を愛でる一人に、私がいる。

多少歪んでも、いびつでも、伸びても、それが持って生まれた個性ですもの。
それが充分見えるように、それが充分出せる形で。

何も隠さなくていいし、何も削り落とさなくて良い。




意外と入るしね。


お財布と文庫本なら問題ない。 鍵もついでに。

充分じゃない






明日、ベルトも作ろう。


丁度良い長さがあるといいんだけど。




スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。