スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿革・小巾着

.23 2009 革の部屋 Leather comment(5) trackback(0)




題名のままです・・・

何を説明して良いかさえ考えます


小さい巾着ですから、もうこの際『小巾着』と呼んだだけ。
巾着といいましても、幅10cmくらいの(右側)と、幅5cmで円筒型(左)です。

容量なんてさしたるものではありません。









3枚の革を繋ぎ合わせた、底の楕円の巾着。

ごくごくシンプルに、革で繋いであるだけ。
中に入るものも極端に限られてしまうこの入れ物は、じゃあせめて飾りだけでも少し付けておこうとビーズがくっついています。









こちらはもっと簡単な作りで、もっともっとシンプル。


両脇に穴を打って、紐でかがり合わせただけ。

2本の紐で締める口だから、ビーズが胴体に垂れるものでもないし、シンプルなままにしておこうと。

この形。






本当に単純な作り物です。

でも、簡単に作れて単純で・・・と書いても、終えるまでにかかる時間は数十分で作れるものではないです。




ここに出すにはあまりにもしょっちゅうお目見えするタイプのものだから、この系統について書く内容が毎度のことになってしまって、
それについては『あ~、今日はなんて書いたらいいのやら~』と思うのですが。


作っているのは毎回、時間がかかるのです。

同じようなものでも、簡単なつくりでも、時間はかかる。


これは仕方ないんでしょうね。

革を見てから決まることだから。 『○○を作ろう、』と思っていても、これはあまり変わらないのです。


バッグに忍ばせる程度の小さな袋であっても、この革を見つけなかったら『小巾着』は作れなかったんです。

私は手にとった革を、極力切る部分がないように使うことを意識して作ります。
捨てる分が少なくなればなるほど、生きていたときの体を守った皮は残ることになるからです。

だから、既に切れている形で送られてくる端革をそのまま使えるようなものを考えます。

よーく考えて、1時間くらい考えて、『こうやって使うのが一番かなぁ・・・』と決めたら作り始めます。


候補がいくつかある場合は、書き留めて、同じような革を見つけた時に参考にします。




面白いものです。


こんな小さな巾着に、私は2,3時間かかるんです。


今日捨てることになった革の切りあまりは2gでした。

全部使えるようなアイデアを持てるといいのですが










誰かに使ってもらえる日が来るといいな、と思いながら、作ったものは増えていきます。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。