スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に寄せる

.29 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



革の船と、革のカモメ。

船って言っても、とてもとても昔の船。 オール作るのはまた今度。
あと、マストもちょっと問題あり。
革だから柔らかい。
マストがたわんでるなんて、おっかなくて航海に出れないだろう。

本当はちゃんと木で作らなきゃと思っていたんだけど。
突発的に作りたくなるものだから、細かいところまで気にしていない。


気がついたら手ごろな小さな木材がなかった。 
明るくなったら探しに行って、それで作り直すつもり。


カモメはこれでいいと思う。











カモメを初めに作っていた。

カモメを作ったのは、曲を聴いたから。


一昨日、メールが来て、『新曲が出来ました。聴いてみて下さい』とあった。
この人はインディーズのミュージシャンで、ちょっと前にこの人の曲を聴いて絵を描いたことがある。

楽しみだなぁと思って曲を聴いてみたら、とても奥が深い新しい曲で驚いた。

ヨーロッパ映画の始まりとかにでも流れていそう。


この人は歌詞を英語で作るので、聴いていても私にはさっぱり分からない。
これはいつも非常に残念でもある。

でも、歌詞が伝わらないとそれなりに別のものが伝わるものだ。

曲調とその人の歌い方をずーっと聴いていると、海面が見えてくる。


海面は真上から見ているようで、日の光を跳ね返す水面が揺れている。

そこに一羽の鳥の影が、すーっと走っている。


カモメが一羽。 


海の上を滑るように、海面からあまり離れないで飛び続けている。


しばらく飛び続けるのだが、そのうちカモメの視点に移行する。

カモメが見ているのは前方に見えてくる陸地で、港町かなにか、白い尖塔の建物が見え始める。


カモメの巣があるのかもしれない。




カモメ・・・ その曲を聴いている間に目に映った光景が頭に残って、今日小さなカモメを作った。


作ってしばらく経って、船が浮かんできた。

船も作ろうと、薄暗い曇り空の明かりで船を作り始めた。


カモメが目指した陸地にある町は、きっとこんな船が停泊していた。

ずっとずっと、相当昔のスライドショーだった。












スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。