スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9,500年の時の向こうで

.08 2009 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(0)



この小さな白いものがなんだと思うだろう。

一緒に写っているのはコースター。 コースターに乗っているのだから、相当小さい。




これはゴミだろう。
と、私は思う。 ゴミ、というけど、種類は自然のゴミ。

だからなんだ?となりそうだが、ここから先が私の好きな話に繋がる。

ゴミの話なら今日はいいや、と思われた方は、明日また。 
ゴミに何があるの?と思われた方は、この先へ。



このゴミは、ゴミとなる前に生きていた。

生きていた時はきっと水辺にいた。 淡水か、海水か、もしくは淡水と海水の交じり合う場所。


今から9500年ほど前、私がこの白いものを拾った場所は海の近くの土手か何かだった。



私の住んでいる場所から車で20分くらい走ると、貝塚に行く道がある。

貝塚はさほど珍しいものじゃないだろう。
日本全国で見たら数千ぐらいの数があるようだから。

でも、私がこれを拾った貝塚は、年代までちゃんと分かるようなものが出土したため、およそ9500~9000年前に存在したと言われている。


この白い『ゴミ』はそこの地層にくい込んでいたものだ。



貝はよく食べられるものだった。

今の海にいる貝と別に何も変わらない。 ただ、海は澄んでいてどこまでも透明だった。関東の海でも。

私が拾ったこの貝らしきものも、とっても綺麗な海水にのんびり生きていたのかもしれない。
それがある日、誰かのカゴやザルに入り、土器のある村まで連れて行かれ、ぐつぐつと土器の中で調理された。
その後、出汁や実を食べた人々の食卓から片付けられて、貝塚と現在呼ばれる場所、広い範囲のゴミ捨て場に捨てられた。



ゴミ捨て場といえども、実際には今のような『ゴミ捨て』の意識とは異なったのではないかといわれている。

これもまた人によって推測の違う部分ではあるが、私が気に入ったのはこういう話だ。



食べ物に関わらず、ありとあらゆる生活のゴミが捨てられた場所だった。
ゴミ、と呼ぶのは少々イメージが違い、『さようならの場所』だったのではないだろうか。
それは感謝を持って、命を終えた物を集める場所であったのでは。

なぜそうかと言うと、食べた後のゴミだけではなく、飼っていた動物の骨もそこに埋まっていた。
そして土器もあった。

動物の骨の状態から調べると、それは長生きをした動物であったと分かる。
土器もまた、使い捨てのようなものではなく、失敗したとかそういう形ではなかった。

一種の、送る場所だったのではないか。



という説がある。



これを「もし本当にそうだとしたら」なり、「でも本当のところは」なり、探ったり発いたりするのは簡単だろう。
でも真実は誰にも分からない。
可能性として、こうした意味あいがあっても可笑しくはない話だ。

そう。 ちっとも可笑しくない。


良い話だ。


私はこの説が好きだ。 そうなら良いのに、と思う。



小さな白い『ゴミ』。 
人は誰かの食べ残しだ、というかも。
それに、そんなものに価値はないというのかも。


食べ残しであろうが価値がなかろうが、誰かの『御馳走様でした』の感謝がかけられた存在かもしれないなら。

それは生きているものの尊さを、常に身近に感じていた人々の置き土産な気がする。



遥か遥か、ずっと昔の誰かの『ありがとう』がこの小さな白い貝から聞こえるのだ。









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。