スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の革・ショルダーバッグ

.09 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)





これは嬉しい。

理由は非常に単純で、1枚の革で胴体を作れたからだ。
底革は別の革だけど。


何にしても、こうした状態で作ったことがないため、この大きさでこの革を使えたのは今までにない嬉しさだ。



繋いで作るというのは勿論良いと思う。
今までやってきたことを『実はちょっと』という気があってのことじゃない。

一枚のある革を、くるっと丸めただけで普通のショルダーバッグと同じ容量を満たせるということに感動しているのだ。

そういう革を使って何かを作ったことがないから。



「普通のショルダーバッグ」と書いたけど、それでもやや小さめなのだと思う。
これまでのものよりは大きいという意味だ。


マチが7~8cmあって、横幅が20cmほどあるなんてことは、今までになかったのだ。
それを作ろうとしたら、革を接いで作るよりなかったのだ。
これはその大きさが間に合ったということ。


だから切らないで丸ごと使いたかった。
そのため、丸めた革に、底の部分になる革を当ててかがった。

こうすれば、全部見える。

肩の紐も、幅はないけど長さがある革があってそれを切って作れたため、長い紐が出来た。
今までだったら円を描くように切っていく方法だったのが、ほぼ直線で切ることが出来た。
これは繊維を分断しないで紐が取れた、ということだ。










開閉は今までのように、鹿の角ボタンをカブセになる口に結びつけて、胴体にボタンにかける紐を通してビーズを入れた。

肩の紐は、4本で編んだだけの紐を胴体の裏側から前に開けた穴に通しただけ。
前胴で紐の端を結んであるのみ。
肩紐は1mちょっとくらい。編んでこの長さでいられるということは本当にありがたいこと。


袋の口を折ると背中側に付いたボタンが前に出る。それにボタン留めの紐を引っ掛けてビーズを引くと締まる。



作り自体はよく行う方法で済ませた。

それでも大きめのバッグは何となく感慨深い。





こうして形だけでも出来上がったから嬉しい。

実際のところは、使用に当たって気をつけないといけないことは勿論ある。
それは、大きめの革であったといえ、これが『端革』であることに変わりはないということだ。

重いものを入れれば革は伸びるし、もしかしたら斜めや不定形に伸びて変形するかもしれない。

そういうこと自体は消えるはずもないこと。



・・・・・だとしても、この状態を作ることが出来たことは、私には嬉しいことなんだ。







スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。