スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうの形

.10 2009 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(0)









例えば、誰かに伝えたい気持ちがあるとして。

それが「ありがとう」の複数状態だとしたら、あなたはどうするだろう。



私はいつも思うのだが、ありがとうの上の言葉を知らないことは困る。
感謝というのは態度なんだ。
ありがとう、という言葉の最上級はなんなんだろう。

で、私には未だにそれが分からないので、結局『感謝します』を連発した後に行動に出る。



きっとこれが私の『ありがとう』の最上級の言葉なき言葉なんだろう。











本当はもう2枚、ここに写真を載せるつもりだった。 でもやめておいた。
見ないほうがいいこともあるから。

この写真の前に2枚あって、その次にこの写真が来るはずだった。


見ての通り、カードを作っている。

標準よりも小さめのサイズのカードと封筒を作っていた。
考えてみれば何でもかんでも小さめだ。 










こうして包み終える。

そして、写真を撮って気が付く。 まだ足りなかったということに。
この包みは『ありがとう』の言葉が言葉以上の役目を届けてくれるものだ。

そしてこうやって、私が感謝を伝えたい人たちにこの包みが届くわけだ。

だから気持ちが足りないなんてことがあったら困る。
もし包み終えた後で、「あ、あれも入れておけばよかったかな」などと思うのなら包みを解かないと『ありがとう』の満タンにはなれない。





そして私は出かけた。










これが足りなかったものだ。

ある人にはこれが必要だった。 というよりも、これを分かち合いたかった。
これは一昨日の記事に載せたものと同じものだ。



私はこの貝を手に入れたかった。

この貝はそこら辺にあるものじゃない。 遥か彼方の時空の果てからそっと息を潜めてきたんだ。
この白く変化した貝殻をどうしても届けたい。


一つはあまりにももろい為に、土を落とすときに一緒に崩れてしまった。

そのくらい、もうすでに土に馴染むかもしれない変化を続けてきた貝殻。





家に戻った時は夕暮れだった。

風は冷たく吹き始め、消えていく夕日の光が窓越しに薄くなっていた。
戻ってきて最後の贈り物を慎重にケースにしまって、包みを開けて中に入れた。


これで何とか、私の心は箱に詰まった。




一日がかりで用意したわりには大した大きさもない箱に落ち着いたけど、ここに声なき『感謝』が封じられている。


明日はまた何かを作る。
その作ったものがまた、どこかで誰かのために包まれるのかもしれない。

私のもの作りはこの繰り返しのために、あるいは続いているのだろう。



そういう気持ちが茜色に包まれた、年末の一日。









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。