スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石集め革袋

.11 2009 革の部屋 Leather comment(3) trackback(0)



石を好きな人はどのくらいいるんだろうな~・・・
その種類にもよるのだろうけど、子供の頃に石を拾っていた人はいる?


私のブログには四六時中、『何かを拾う』が出てくる気がする。

拾ってばっかりだなぁ。
いつでも何かしら拾い集めているかもしれない。




私は子供の頃、きらきらするものが好きだった。 一応女の子だったから。

きらきらしたり、ぴかぴかしているものや、透明感のあるものが好きだった。
それは古今東西、女の子は好きになるものだろう。
抜け切れないと、大人になってからも『きらきら・ピカピカ・クリア感』好きな女性に成長するのだ。

子供の頃に好きだったそうしたもの、私のイメージでは海賊の宝が最高峰のほしい対象だった。


よく焼けた骨付きの肉があって、銀色のゴブレットになみなみ注がれた赤い葡萄酒、
がっしりした彫刻のされた椅子に座って、ベルベットのテーブルクロスに、山積みされた果物が乗った銀の盆、
その脇にある無造作に床を埋め尽くす財宝のきらめき、燭台の炎・・・の中で、高笑いする海賊の姿に憧れていた子供だ。


だからこんなにろくでもないのかも。



そんな感じでちょっと変な憧れを持っている私がそのまま大人に成長したものだから・・・

豪華で素敵な車に乗って華々しい結婚生活に、記念日ごとにダイヤやプラチナの指輪が欲しいなんて、露ほども思いはしないのだ。



そんなものどうでもいい。

そんなちっぽけなものなんかより、もっと浪漫があって、もっとおっきくて、もっと大地の力と隣りあわせみたいなやつのほうがいい。

だから子供のときから、行っちゃ行けない、といわれる地層のある場所や、川や堆積土のあるところに行っては、せっせと『何か』を探していた。


私は、顔が日に焼けても服が破れても、荒野や涸れ谷で歩き回る、噂話の宝を探して生きているほうがずーっと好き。
そこで拾った『もしかしたら』という石や、鉱石が見つかったら、不思議な形の骨や植物に出会えたら・・・・・

そんな時には丈夫な荒っぽい革袋がないと。



で、長い前置きはここに続くのだ。









これは小さいほう。
細長いのは理由がある。 もしも、水晶みたいな長いものだったときのために。

欠片でも長く細く割れているものはあるからね。








こっちは中くらい。

実のところ、家にあるストックの革袋を数えたら結構な数があった。


いつでも行けるな、と思った。
それに結構いっぱい拾っても良さそうだ。


もっといっぱい作っておこう。




今日は寒くて、雨が降っている。

こんな日は、冒険と浪漫と旅の想像で勝手に楽しくなっているに限るね。
それで、いつ動き出しても困らないように、下準備をするのがいいと思う。



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。