スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下

.16 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



12月で、靴下、といったら。

クリスマスの前の晩、靴下を下げてプレゼントを待つ子供を思い出す人は多いかも。
プレゼントが全世界にこれほど定着した日も少ないだろう。



ちょっと気を引く話を読んだ。
だから靴下を作ったのだけど。


昨日は丸一日パソコンが調子悪くて、私は予定外の1日を過ごした。
昼近くなって掃除をし始めたのが分かれ道。
拭き掃除をしていたら、パソコンの付近のホコリを拭いたつもりで変なところを触ったらしい。
結局、掃除以後は全くパソコンが作動しなくて途方にくれた。

でもそんなおかげで、『パソコンが動かないのは何か別のことをしたほうが良いってことかも』となり・・・

静電気で遊んだり、図書館で借りてきた本を読み続けた日になった。

その本の一冊にあった話。
それが靴下の話だった。



裕福な出の男の人がいて、その人は3世紀の人。
大人になって敬虔なキリスト教徒の彼は、トルコへ行って司教になった。
心優しい善人だった司教は、トルコの貧民を助けたり、遭難した船乗りを助けたりする。
一生涯、善い行いを通した彼は、死後に聖人となるのだ。

その『彼』の逸話にあるのが靴下の話。

貧しいトルコ人の男が、貧しいゆえに自分の娘を売るという。
それを聞いた『彼』は、身分がばれないように夜を待って、暗くなった頃に金貨を入れた袋を貧しい男の家の窓に投げるのだ。

その袋は丁度かけてあった靴下にすっぽり入った・・・・・という。



この『彼』、名はニコラス。
そして聖人とされたニコラスは、『セント・ニコラス』と呼ばれ始めた。
彼自体は、今はその国の名はないが、ギリシア辺りの出身なのらしい。
そしてトルコへ行って司教になり、トルコの人々に手伝えることをしょっちゅう手伝ったのだろう。

その後、入植してきたオランダにこの話が伝わって、セント・ニコラス談はオランダへ持ち込まれる。
そしてすっかり定着したオランダから、移住先の次はアメリカへこの話は伝わっていくのだ。


と、あった。

靴下の話が様々なところから様々な人々や歴史の波をくぐって、21世紀の現在にも続いている。

それはクリスマスにまとめられているが、ニコラスさんの亡くなった日が12月の6日というのもあるのだろう。
12月繋がりだから。
その一生も。


靴下はいわば記念のシンボルのようなものだ。



司教なら結婚はできない。 すなわち当然だが、自分の家族も持たない一生だ。

でも、娘を失う貧しい暮らしの親の悲しみに、心から寄り添った司教だった。
その悲しみに、ただの同情ではなくて、解決法を導いた。
実体験のないことを他人事とするのが常のような浮世で、この彼は悲しい他人事を我が事のように感じたのだろう。

靴下に金貨の入った袋を見つけた男はどれほど驚いたか。

娘と喜ぶ父親を見て、ニコラス司教は影からそっと嬉しく思っていたのか。




そんな温かい逸話を読んだので、何となく靴下を作りたくなった。







スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。