スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古牛

.08 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



何度この牛の話を出しただろう。
私はこの牛がどうにも好きでならないよう。

もういないのに。


それに、勿論だけど会ったことなんてあるわけないのに。










とても分厚い革で、焦げ茶色と黒の間くらいの色の革を見ていた。
そこそこの大きさがあって、うまく使えばミニポシェットくらいなら作れそう。

そう思って眺めていたんだけど、やはり切り取らないとならない部分があって、それをどう使おうかと考えていた。
この革もまた、今までと同じように5mm厚くらいあるし、小さくなると作れるものは限られてくる。
そして私の拙い技術の範囲でしか作れないのだ。
うーん、もったいないなぁ、と中途半端に大きさの残る部分に考える。


はじめ、これを作る前にはこの黒っぽい革でこそ出来る玩具を作ろうと思っていた。
でも途中から断念。なぜかというと、工具がないと進めないことに気付いたから。
器用に出来るなら、もしかすると工具はいらないかもしれないけど私には無理。
で、断念して、また別のことを思いつくまで時間が流れた。

そして最小限に角を削って形を作るために必要なところだけを作っていった。



生まれたのは、度々私の作るものに登場していたオーロックスだった。




自分が何故こんなにオーロックスに惹かれるのか。
自分でもよく理解できない。

深い毛に覆われた大きな身体で、焦げ茶色の波打つ毛並み。
曲がりくねって上向きに突き出る大きな角。
短くて太い首に、平らな背中。
節のがっしりした太い足。
広い顔幅に、毛に埋もれた大きな目。
強い筋肉にびっしり包まれた全身。


想像すると時間が消える。
そんな姿の野生の牛が、大空の下に果てしなく広がるステップに群れを成して歩いていたんだ。




余った革で作った手乗りサイズのオーロックス。

前に作った革の絵と、焼いて描いた絵と一緒に写真に撮ることにした。
絵の上に置いた古牛。
仲間と一緒になったように馴染んでいた。


また一頭の古牛が加わった夕方。

夕陽の光の消えかける頃。
今は無きその姿に影が落ちる。










スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。