スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛の絵

.09 2010 未分類 comment(4) trackback(0)






この前は鹿続きだった気がする。
今回は牛続き。
明日も牛なのか・・・


描き始める時は鉛筆で仕上げようと思っていたのに、途中で絵の具を塗りたくなった。
正確に言うと、色を見たくなった。

とっても素敵な写真を見つけて、その素敵な写真をじっと見ていると意識が遠のいていく。
私はちょっと変なのだろう。
その小さな写真を見つめていると、どうしても絵に描きたくなった。
それで鉛筆画にしようと思って鉛筆を用意したのに。
結局、初めの数分で鉛筆の役目は終了して、絵の具を持ち出してこうなった。



この牛は昨日の牛。
今はもういない、絶滅してしまった牛。

それを思い出すと、途端に悲しくなる。










筆を使ったのは最後だけで、体の色は手で塗った。
絵の具のついた指で紙に擦り込むように塗りこんでいく。
私はこうした絵の描き方のほうが性にあっている。
たぶん筆を使うのは下手なんだ。

水彩画では筆を使うけど。
パステルやアクリルは手で描いているほうがのめり込む。
やっぱり筆が苦手なんだろ、という結論。



あまり絵の具は使いたくない。
沢山の色を使うというのは、丁寧に調整した絵。

私の描く絵は・・・

とてもじゃないけどそうは言えない。
丁寧に描く絵も好きだけど、私は衝動的に描き続けるほうが良い。
衝動にストップをかけながら描くのは水を差すのと変わらない。
色が一瞬、そこに見えたときに、その色を追いかけながらどんどん塗っていくほうが衝動を絵に移せて楽しい。

そのために、絵の具は大まかな色だけあれば迷わないで済む。



この牛は、黒と茶色が主体。それで赤と黄色と緑。
絵の具のチューブにある正しい色の名前は別に記すこともない。
それはあまり大きな問題にならない。

色なんて印象で選べばいい。

実物そっくりにする必要もない。
それが自分の見たいものを描くという意味だ。

私は、大きくて、強くて、逞しく、圧倒感がある、そして静かな息づかいの野牛を描きたかった。




今日は、頭の中は草原。




スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。