スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月のネックレス

.12 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)




何だか月が恋しくなった。

理由はよく分からない。でも、もしかしたら。
私の今の家からは月が見えないからかも。

ふとした時に月が見えないことを悲しく思う。


それまで意識していたわけでもないというのに。



気がつくと今日は午後まで用事が食い込んで、何かを作るには時間が少ない。
それでも何か作りたくて、「ああ、そうだ。月・・・」となった。

今日は氷雨の降る、薄ら寒い一日だった。
晴天の日は前日まで続いてたから、きっと夜空にかかる月も綺麗だったろう。
今日は月は雲の上だ。

そんなことを思いながら月を作る。


たまに夕暮れ時に弓張り月を見かけることがある。
一瞬、そこにあるとは気付けないほど空に融けているような月。
一筆の細い筆先を走らせた月。

もしも私が金属を加工する道に入っていたら、金属で弓張り月を作っただろう。

でもそうもいかない革が相手。
革で弓張りなんてちょっと無理。くねってしまうもの。

だから太らせた。

私の作ったお月様は、ちょっと丸っこい太っているお月様。


もしも私がイスラムの人だったら、ここに星も付けたかも。
だけどカトリック。お星様は別に作ることにした。

それで、お月様だけを縫って、革紐を通して、編んだ革を用意して。
月のネックレスが出来上がった。



お月様のネックレス。
恋しい月夜に思いを馳せたネックレス。
冬の寒空に凍る空気を淡く照らす月光の白さ。

・・・茶色い革だから月よりもちょっとビスケットみたいだけど。

いつかはお月様らしいお月様を作ろう。
その時は、月が見えるところに住んでいたいなぁ、と思う。









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。