スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星のネックレス

.13 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)




昨日、月を作ったので、今日は星を作った。
大きな星だ。月と同じくらいある。


この前、ディズニー映画『ピノキオ』を観た。
ピノキオは、願い星の妖精に人間の子供にしてもらうというお話。
いつ見ても、この話は勇気づけられるから好き。

きらきらと濃紺の夜空に瞬く星の輝き。

ゼペットさんは初めて見た、と。
晴れた夜空の日には窓を開けて眠りについていたゼペットさん。
そんなゼペットさんが初めて見たのだというのだから、私はまだ見たことがないだろう。

私はたまにしか・・・

それよりも先に来る言い訳は、夜空が見えない窓だということか。
もう一つ、私はこぼれそうな星空、というのに会ったことがない。


残念だ。





いろんなことが疲れになって心に沈殿していく。

嫌なことも辛いことも、やりきれないことも、何もかも、沈殿物になっている。
私の好きなバンドにブルー・ハーツがいるけど、
この人たちの唄の中に出てくる『そこから星が見えますか・・・』という言葉を思い出す時がある。
『願いをかける、星さえ見えず・・・』と続く歌詞。



私の作ったネックレスは、昨日の月に引き続き、ビスケットみたいだけど。

こんな拙い星のネックレスに、私は何を想ったんだろう。
何かを、切実な何かを、   ・・・まぁ、いいや。



今日はダメだな。何だか気が凹んだままだ。












スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。