スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.16 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



あんまり使わない色、赤。でもハートを作ろうと思った今日は赤が必要。
それに、ここ数日で結構短い糸が溜まってしまった。

ハートを幾つか作ろうと考えたので、端糸も使える。

出来たハートは8個。








心が燻ぶっている時が最近は多い。

煙でも焚いているみたい。一体何がこんなに燻ぶっているのやら。
こういう時はこぞって、いちいち癇に障ることが増えるもの。

気付けば心はぐったりしていた。









人付き合いが上手な人は何かコツでもあるんだろうか。
それとも自分の操縦が上手いだけなのか。

なんであれ、たいしたものだ。
私は長年悩んではいるものの、その辺りに全く心得がないらしい。


極力減らした人付き合いでも、うっかりしているとひょんな所で流れ弾に当たる。
流れ弾を放った人は、当然それを流れ弾だなんて思ってやしない。そもそも弾を放った気もない。

よく思うことがある。
よく溜息に変わっていることがある。

しょっちゅう、なのかも。

それは、私の感覚は少しいかれているんじゃないかということ。





なんでこんなに凹みやすいのか。なんでこんなに気にしやすいのか。なんで、なんで、なんで・・・

馬鹿みたいに「なんで」を繰り返す独り言。はっと気付いて口を閉じる。


悩む時の相手は私のことなんて殆ど知らない場合が多い、とか、付き合いが長いというだけ、とか。
そんなの知っているのに、「どうしてこの人は未だに分かんないのかな」と思う瞬間が疲れを招く。
こんなことを思うほう(私)がどうかしてる。
相手は私のために生きているわけじゃないんだから、別に私のために言葉を選んだりなんかしない。


相手に期待をしない、という方法を随分昔に学んだはず。
それなのに、いつまで経っても、面と向かう相手に理解を求めている気がする。

やれやれだ。 こういう自分に気が付くとき、大きな溜息が出る。



期待0の訓練なんて難しい。

どこかで、ちょっとしたことで、人は相手に期待を持っているものだろう。
多くの場合は、だいたいそれが原因になる人間関係。
期待をするから、損をした気分になったり、分かってもらえないと悲しんだり、自分の存在を委ねることさえ起こる。

そんなふうに陥らないようにするには、「自分」をしっかり見て、「自分」を自分で歩かせること。
他人に評価を求めず、他人の言葉を鵜呑みにせず、他人への過剰な心遣いをやめること。
「自分」という一人の存在が、常にいるということを先ずきちんと認めること。

こんなこと誰だって知ってる。
それでも私にはいまいち、馴染まないらしい。私だって頭の中では分かってるのに。





うまく対処できないと逃げたくなることもしばしば。でも逃げればいつかまた同じ部分でばったり対面してしまうもの。
逃げるわけに行かないから、痛みの流れ弾を単なる経験の一行くらいに受け入れないと。



ハートを作りたくなったのは、あまりに心がぺしゃんこになったから。

自分の心を引っ張り出してみれば、何これ?と思うくらいぺったんこの座布団みたいだった。
色あせた、ぺたんこの座布団。みたいな、心。


情けないやら空しいやら。



幻覚でいいから、温かい沢山の「心」を見たくなった。

で、今日はハート。







スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。