スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボール・2

.25 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)





野球のボールは私には馴染みがなくて。
本当に、人生に野球の場面がないから、ボールについても何も知識がない。

球体という状態がどれほど難しいか。
ほとほと参る。
参るからこそ、学ぶ甲斐があるというもの。

去年の暮れからじっくり付き合うことにした、立体。

球体は3Dの中でも非常にシンプルで、そして誤魔化しようがない。
困ったことに、歪むとすぐに分かってしまう。
球体、真球、私のような未熟な人間には到底及ばない位置にいるのだけは、はっきり分かる。




野球のボールは馬革で作るらしい。日本では牛でも作っているとか。
円周が平均23cmということで、重さも140g台。
ガッチリしているイメージがある野球の球だが、中身にコルクの玉が入っていて、その周りをゴムやウール、木綿のカバーが包んでいる。
意外と柔かそうな聞こえ。

作ろうと思ったきっかけは特にない。

でもこの前のオーソドックスなサッカーボールを縫ったときに、他のボールも作ってみようと思っていた。
よくよく考えてみれば、『ボール』はほとんどが革で作られていたのだ。




私が作る端革細工で出来るボールはサイズや質が異なるから、そのものを作り出すことは叶わないけれど。
こういったものから学ぶことは実に沢山あって、作るたびに自分の貧弱さや連鎖する?マークに追い回される。

そういう時に自分を元気づける方法も一応見つけた。


正確さは何度も作るうちに見つけるもの。 
そのものの始まりは、正確さや表面的なものではなかったこと。


これを唱えると少し心が緩む。

目的があって制作された数々のもの。
それが時間を経るたびに、使う人の言葉をよく聞いていく作業の内に、現在に残った形になった。
現在の形が完璧かどうかは分からないが、始まりは完璧とは程遠かったはずだ。

私が始めているのはそこの部分なんだ、と自分に言う。


頑張ることがいっぱいある。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。