スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の小瓶

.28 2010 革の部屋 Leather comment(4) trackback(0)


今日は魔法のアイテムシリーズ、小瓶。
まだまだある、魔法のシリーズ。その中でもちょっと一癖あるのがこの小瓶。


小さな瓶に入っている中身のほうが重要。
でもそれは開けた人にしか味わえません


で、私はこれを持っているだけ。


いつの日に、誰が瓶の栓を取るのやら。











小さい。 ここに何が入っていても、まあ一口だ。
思い切って飲んでみたら、むせるのかもしれないし、吐き出すかもしれないし。

相手が魔法となれば、吐き出しては勿体ないけれど。
我慢して飲み干してもらいたいところ。
焼けるような熱さであろうと、舌を麻痺させそうな痺れが襲ったとしても。

逆に飲みやすいほうが、その後気になりそうな気がするが。




この前は願いが叶う種だった。

今日のアイテムはちょっと違う。願いに沿って飲み下すのだから。


『こうなって欲しい』、『もしそうなれたら』という、数多の願いを分別して作られた魔法の何か。
粉か、液体か、固形か、もしくは気体かも。
飲むなり食すなりの方法で摂取すると、その人の何が変化するのだろうか。


見てみたいものだ。 でも責任は取れないよ、選ぶのは本人であって私ではないのだから。



そこまでして何を求めるのか。
何を得られると、一体どんな未来があるというのか。

その未来やいかにそなたの希望を満たすといわんや。







こういうものを見ていると、いつも考えることがあるのだけど。


私が思うに、魔法は願いを叶える存在だけど、同時に何かしらの条件もある存在。
もしも、条件に『効力の終了』がほのめかされているならどうするのだろう?


元に戻れても空しいだけかもしれないし、元にさえ戻れないのかもしれないし。



いつでも、人の欲望は尽くことを知らず、飽くことを知らず。
降って湧いたような楽しさなんて、いつ無くなるか分かりはしないのが、この世の常だ。

それでも良い、と言える人。
そんな人がいるのだから、魔法の小瓶もストックが足りないわけだ。








スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。