スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご馳走の一つ

.07 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)





普段、革で食べ物を作らない理由に、『美味しそうに見える気がしない』というのがある。
食べ物、というのは、色だけでなくて沢山の魅力によって美味しそうに見えるもの。
革はかさかさしていて、食べ物の持つ魅力の一つでも引き出すのは難しいと思っている。

無論、細工をすればいくらかは満足できそうなものも出来る。
革に色を塗るとか、表面になにか加工をするとか、部分的に用いるとか。

と、こうなるともう、私の作ろうとする枠外になる。革を使って革らしくないなら作る意味がない。
こうしたことから、食べ物は作らないほうが無難、と私は思っている。



それが今日は、上の写真を見たまま、お肉を作った。




これには自分でも『あれ?』という気分。 でもなんと素敵なお肉になってくれたことか。


骨は浜辺で拾った。二個とも丁度同じ大きさの、同じ形の、白く乾いた骨を見つけていた。
何の骨かは分からないが、何かの腕の骨だろう。
とても良い形をしていたし、きれいな乾燥具合だった。

ふと、昨日のクルミに続いて『海からの贈り物トレイ』を見ていて思いついたのがお肉だった。

この骨に塊のお肉をつけたら、すごく美味しそうだ、と。
焼けた肉の色と艶だったら、持っている革で似たようなのがあると思った。それに革をそのまま使える。

これなら作っても良いかも、と分かると、楽しくなってきた。









私の好きな映画には幾つかの分類がある。
一つはファンタジー。
そういう映画には、大体こういうお肉が登場する場面が出てくる。

そういうのを見るたびに、いつも心の底から『あの肉が食べたい』と眺めていた。


今日のお肉は小さめだけど(笑)、これはこれでとてもよい出来だ。




これの6倍くらいの大きさがあったら。それが本当のお肉なら。 数年ぶりに大喜びする。
私の大好きな食事には欠かせないシルエットだもの。

焼いた塊のお肉(出来れば骨の付いたままの、持って食べれる肉)と、ライ麦の大きなパンとスープ。
スープも沢山ジャガイモとキノコが入っているやつ。
あとワインが何本か。



こんな食事、しばらく食べてないなぁ。 昔は毎日こんな食事だったというのに(笑)


革で作った骨付き肉。
見ていたら、郷愁(食事の場面のみ)の香りが心に漂ってくる。









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。