スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一輪の花

.17 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)



花、というだけで、思うことが沢山ある。

私のような無法者に花なんて遠い存在のようだけど、それは他人様の思うところ。
花は好き。

ただ、花が咲いていなくてもが好きだというのはあるけど。




革で作った花というと、よく見られるのが生皮を形作った花。コサージュとかになっている。
他に覚えているのは、型で抜いて花模様を作るものや、花弁を沢山用意して菊やガーベラなどを作るもの。

まだあるかもしれないけど、私が知っているのはこのくらい。
今まで、興味を持って花を作りたいとは思わなかったから、観察不足だ。


そして、そんな観察不足の私が作ったのが、今日の花。


生皮も持っていないし、花の型も持っていない。同じ色の花弁も沢山作れない。
だから、持っている革で花がどう作れるかと考えてみた。


白い革と深緑の革があって、少しだったら濃い黄色い革もあった。

贅沢を言えば、茎や葉の緑色は黄緑色が良いと思ったし、雌しべになる黄色は薄黄色が向いていると思ったけど。
でもこれは、心の声。贅沢。。。

薄い黄色い革はないけど、黄色いホワイトハーツ・ビーズを3個入れて明るくした。

緑色は、・・・・・こういう花もある、と思うことにして。










午前中におおまかな図案を描いて、それを基に作る。
夕方頃、薄暮の光に送り出されるように白い花が出来上がった。


うん、これでいいや。 と、思う。


くるくる茎を回して葉っぱが本当の葉っぱみたいに見えるのが面白い。

ふっくらした5枚の花弁の白い花。
造花、というでもなく、革細工としての花でもない。
でも革から生まれてきた花。



私の見たかった野の花だ。 

いいものが出来てよかった。

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。