スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試作・石と革、石とヘンプの首飾り

.19 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(-)



昨日の腕輪の続き。 今日は首飾り。

一本目は、青い色のヘンプと色の入っていないヘンプを12本編んで作った。
12本というと大げさかもしれない。
編んだのは6本なんだから。

2本ずつまとめて持って、6本として扱ったというだけの話で、編み方は普通の6本のヘリンボーン。

そこに青い石と白い骨、水色の石を差し色に入れた。


すっきりまとまった首飾り。これはこれで良い。











もう一本は試行錯誤。

簡単じゃなかった。出来てしまえば簡単な作りだけど、こうなるまでがいろいろとあって。
でもこれはどうしても作っておきたかった。

上のヘンプと石の首飾りは、革が入っていないのだ。
私としては何だか物足りない。

だから革のある状態で首飾りを作りたいと思っていた。


これのベースを作るまでは順調だった。
そこからが悩みに入る。
色と質感は、やはり気にしてないと何か違和感が残ることになる。

私の違和感は、何度もやり直して取り除かれて、ようやくこの形になった。


まだほんの少し、手を出したい部分がある。
ただそれは、今は無理だ。 新しく何かを手に入れないと出来ない部分だから。

大方はこれで良いと思えた。



どちらも長さは42cmくらい。
そしてどちらも、黄色い肌と呼ばれる私たちの肌に良く似合う色だ。
茶色い肌でもなく、色白でもなく、黄色いといわれるこの肌に合わせた色だ。


黒い髪と、黒い目と、黄色い肌とで生きてきた、遥か昔の人たちを思っていた。



そういうものを作りたかった。

こういう作りのものもあって良いだろうと思って。


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。