スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンモス

.26 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)




私のイメージでマンモスは毛があるスタイルのもの。
でもマンモスというのは総称で、毛のない大型のマンモスもいるし、毛の短めのもいる。


私の子供時代、昭和60年代。

マンモス=毛のあるゾウ、だった。 と、思う。
そして雪の降る寒い地方に群れで生息している風景が定着していた。

いい加減大きくなってからだ。 マンモスにインド象の巨大化したような種類もいると知ったのは。



それでもやっぱり、私の中のマンモスは深い毛に覆われて牙が大きく湾曲したマンモス。

今日のマンモスの牙は、削っていた木が割れてしまって湾曲どころか歪な牙になってしまったけど。











手乗りマンモスなんて、巨大な本物に合わせる顔がないかも。


でもこのマンモスを作るのに、6時間ちょっとはかかっている。
小さいのにやたらと手間がかかるのだ。

私は縫いぐるみを作るのは今日が初めて。
型紙の用意から始まって、組み立てた時の状態を整えて、革を探してようやくスタート。

縫いぐるみって大変なのだ。
やってみないと実感できないことは沢山あるが、ひょいひょい作ってしまうお母さん達はすごいと思う。
出来上がれば可愛いけれど、出来上がるまでは笑顔が出る暇がない。



マンモスに使う革はシュリンク革の床面にした。

その為、裏返すことは出来なくなった。
このマンモスの身体はパーツが小さいのだ。
小さい上に、厚い革。縫い目も感覚が狭くなる。

裏返すと厚みの分だけ形が崩れる気がした。
細かい部分も思い通りには出来ないかもしれないと思って、外側から縫ってそのまま綿を詰めた。

外側から縫うと、どうしても縫い目が目立つ。
若干、気にはなるものの、床面のもやもやが縫い目を分かりにくくしてくれた。
縫った線は出てしまうけど・・・


大きいものなら厚い革でもひっくり返しが利く。
もし大きめの革で縫いぐるみを再度作るときが来たら、その時は裏返して作ろう。




夕食の時間に差し掛かって、ようやく終了した作業。
出来上がってみると、可愛いマンモスがどーんと立っていた。

毛長、というほど長くないけれど、毛が生えているみたいだし、歪だけどちゃんと牙もある。
黒いビーズを持っていなかったから、青い石の小さいビーズを目にあてた。



冬生まれの青い目のマンモス。

私が昔から抱いていたイメージのマンモスが出来た。




雨が降り止まない一日だった今日。
表に出ることはなかったけれど、マンモスと冬のツンドラの中に入り込んだ気持ち。










スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。