スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い魚

.06 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)





真っ黒な魚。

魚は初めて作るわけじゃないけど、今日みたいな雰囲気は初めて。

スメルトの時や革魚の時は、まるで形も雰囲気も違うものだった。
二つとも可愛い感じにしたかったから、簡素に作ることと、玩具のような見た目が欲しかった。



今日の黒い魚。

これは可愛い雰囲気はなし。
どれくらい、魚らしくなるか。 どれくらい、動き出しそうに見えるか。

重点を置いたのは、「魚」であることだった。













どんなものでも、本物に近づける時、ものすごく本物のようにしたいわけじゃない。


いつもそう思っているけど、革であることが分からないようなものなんか作りたくない。
革のまんまで、作りたい。

革の質感。元から染色された色。革の表面、硬さ、性質。
そういうものは出来るだけ手を出さないように、作ろうと思っている。

後から色を塗って仕上げるとか、硬化剤でがちがちにするとか、そういうことは避けている。
こういうことがしたいなら、別に革を使わなくてもいいだろうと思うからだ。
革以外の用途に向く素材を使って作ればいいだけだ。


既に加工されている革だから、これ以上はあまり余計なことをしないで作りたい。



本物に近く、というのは人それぞれ受け取り方があると思う。
私の中では絵もそうだけど、『本物みたいな』というのは、写真みたいという意味ではない。
絵で言えば、写真のように描ける腕は素晴らしいが、写真で事足りる。

どこから見ても筆の跡や大まかに混ざる絵の具が塗られている絵なのに、
どうしてか本物のよう、というのが私の中の『本物みたいな』空気が感じられるもの。

これは様々な素材の作品に共通してある。


本物のよう、という言葉でいつも思い出すことがある。

昔、全く荒削りの仏像を見て、心臓が早鐘を打つような驚きを得た時も理由は同じだった。
なぜか、本物に思えたのだ。

立った一本の、のみで削りだされた子供くらいの大きさの仏像は、色も付いていないし削ったまま。
それでもその仏像は、金箔で巻かれた細部に技が唸る数百万円の仏像より、本物に見えた。




・・・・・相当、話が飛んでしまった。

こんな凄い話と並べるようなものではない私の黒魚の話だったのに。

ぐっと手前に話を戻して、「魚」をどういう意味で魚に近づけたかったかを書きたかった。
息をしているような、そういうものを作りたかった。

水に落としたら鰭が動いて鰓が呼吸し始めるような、泳いで水の中に消えてしまうような、
そんな魚にしたかった。




今年に入って、そろそろ作ろうかと目論んでいることがある。

この黒い魚はその目論みの試し。
出来によって、目論んでいる相手を作れそうかどうか。



黒い魚は8割くらいは、予想通りになった。

楽しくなってきた。













スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。