スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止 ~メモ

.07 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)




メモを忘れることが度々ある。

その『度々』に限って、思い出しにくい内容だったりする。
別々の用事が重なっていたり、細かい内容だったり。

そうしたものを二度手間にならないように済ませたいからメモを書くのに。

そのメモを家に置いて、すっかり忘れている時がある。



理由の幾つかに、私が物を持って歩く習慣がないというのがある。

この場合、物といってもバッグや携帯電話や財布のこと。

石とか貝殻とか骨とかはいつでも持っているのに、ポケットに入れたら邪魔なものは持ちたくないから置いてきてしまう。

財布もそう。 
持っていると余計な買い物をするかもしれないから必要な金額しかポケットに入れない。
それで事足りること日常なのだから、持たないほうが習慣化する。

携帯電話も家に置きっぱなし。 本当はなくてもいいくらいだ。
でも連絡手段がないとかいう理由で、知人が困ることもあるようなので、一応持っている。


こうしたものさえ持つことがないのに、ましてバッグなんか要らない。

バッグがいる時はおにぎりが要る時くらいだ。



こうなると、玄関を通過する時にメモの存在さえ忘れている。
だって何も持っていないから。

こんな私なので、どうしたら良いものか考えていたのだけど。


でも。 一つだけあった。

くっ付けておけるもので、絶対持っているもの。

それは鍵。 鍵なら絶対使うから持っている。


鍵に付ければいいんだ!と、やっと分かって解決した。









大きいものだと邪魔臭いから外したくなるし、気にならないものだと存在感が薄い。

だからほどほどに、『ここにメモがあるからね』くらいの大きさの入れ物を作った。


アクセサリーの材料で売られている100円のマンテルという留め具と、同じく100円くらいの金具で鍵の輪に付ける。
こんな安上がりに、大切な用事をメモした紙を常時持つことが出来るようになるとは。


なぜもっと早く作らなかったんだろう。





家を出る時は必ず鍵をかける、というのだけは守っていて良かった。







(でも鍵から外したら、その時は元も子もありません)

スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。