スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・石と革の腕輪 

.08 2010 革の部屋 Leather comment(4) trackback(-)




こんなに素朴な出来上がりであっても、色を合わせたり形を合わせたりで時間が経つのが早い。
もう夕方になってしまった。


とはいえ、今日は昼過ぎまで長引いたことがあって、そのため、ずれ込んで作ることになった。

昼過ぎまでかかったことは、昔のビーズの分類だった。



午前中に、まだ箱にしまいっぱなしになっていた(これが良くない)ビーズを出した。

以前、アクセサリーを作っていた時期に大量に用意していたビーズ。
今ではすっかり方向性が違うので、取り出すこともなく、何か機会があれば・・・程度にしか意識していなかった。

これらは革紐に通すようなビーズではなくて。

最近、私の作るものに度々用いるような、穴の小さいビーズで縫い付けるくらいしかできないもの。
だから長い間、放っときっ放しになっていたという理由もある。

縫い付けてまで作らないだろう・・・と思っていたのに、最近はよく使う。

何のことはない。
新しい、革紐の通る穴径のサイズのビーズが購入できないだけ。
仕方ないから、持っているビーズを縫い付ける作りで現状をしのごうと。



それで、一年以上手付かずになっていた大きい箱を開けることに。

ずっと気にはなっていた。 小さい箱はもう開けていたのだけど。
早く片付けていつでも使いたい時に手が届くようにしなきゃ、って。

ようやく必要に迫られて、『まだしまってるビーズあったな~・・・』となる。

開けたら開けたで、よくこんなにあるな、という量が出てきた。
半分以上は忘れていたから、自分で集めたというのに驚いた。



と、こうしたことで、小さなビーズをせっせと分類して時間が過ぎた昼下がり。

せっかく出したこともあって、今日は腕輪を作ろうと思った。
淡い色の石のビーズを幾つか選んで、形が統一できそうな組み合わせを作って、ベースになる鹿の革を合わせた。


白っぽい鹿の革の切れ端は、とっても細いとか、短くて5cm四方もない、とか。
それでも腕輪くらいなら間に合う部分は残っている。

この革は床面のほうが石の色には似合いそうだったので、床面に縫い付けることにした。


大方つけ終わると、全体が明るい色になった。
枠取りに焦げ茶色を当てて、縫い糸も焦げ茶にした。


出来上がったら、何とも質素な春めいた色に。



眠っていたビーズの片付けのお蔭で、柔かい色のものが登場した。
私の作品にはめったに見られない色合いだ。


見ていると、もう幾つか作りたいと思う。

色って不思議だ。










スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。