スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道しるべの人

.12 2010 一滴の栄養の部屋 comment(4) trackback(-)





未だ覚めやらぬ午後の一時。 
今は家に戻ってこれを書いているけど、やっぱり頭は別のことでいっぱい。

白昼夢の後のようだ。



上の写真は、私が今日会った人の作ったバッグ。

その人が、私に端革を送ってくれる職人さん。
野趣の強い、旅の香りが漂う、古いヨーロッパのイメージのようなバッグを作る。

荒野や乾いた岩場を歩き回って、スペインの田舎の宿で身を休めるような人。
どこも気取らないし、何も裏のない人。
春が来たような笑顔で笑うし、得意な話になると子供のようにはしゃいで話す人。


早い話が、素晴らしく素敵な人物だ、という意味。


私がこの職人さんと顔を合わせたのは2回目。
緊張するけど、緊張半分と嬉しさ半分で何が何だか分からなくなる。



横浜にあるかわいいギャラリーで彼は個展だったので、午後にお邪魔して2時間くらい過ごした。

このギャラリーの店主も気さくな屈託ない人で、このこじんまりしたギャラリーは居心地良い寛ぎの空気で満たされている。
センスの良い作品の並べ方で、小さいとはいえ美術館のようなギャラリー。

普段は焼き物や織物が顔の棚にも机にも、今日は職人さんのバッグが所狭しと並んでいた。









大きな板の机に置かれた、職人さん本人のバッグ(真ん中)と作品のペンケース(写真左側・手前)。

周りにある細々したものは、私が持っていった今までの作品・・・ 一緒に置くんじゃなかった・・・



私は『送って頂いた端材で、こんなものが作れました』と見せたかったから、着くなり職人さんに作品を渡した。
すると、職人さんは面白がってくれて、次々に机に置いていった。

ギャラリーに来ていたお客さんや店主の人に、『ね、これ見て、彼女が作ったんだよ』と見せてくれて、何とも恥ずかしくて照れ臭くて。


でも嬉しい気持ちが胸いっぱいになる。

何が一番嬉しい、って、労ってくれる言葉。
『こういうところ、縫うの大変でしょう』と縫い目を見ながら呟いてくれたり、『質感がいいよ』とじっくり触って見てくれたり。

もう、これは本当に、有難い。
逆立ちしても敵わない人が、自分の作ったものの余りで出来た、私の作品を一つ一つ見ながらそう言ってくれるのだ。

頑張って良かった~!!と思う瞬間だ。


職人さんは大きな凄いカメラを持つと、黒い魚と犬の指人形の写真を撮ってくれていた。

職人さんの友達の人もやって来て、その人も黒い魚を写真に撮ったり、骨付き肉を面白そうに触ったり、
羽やキノコを見て楽しんでくれた。
じゃあ私も、と、私も職人さんのバッグを写真に撮らせてもらった。








こんな格好良いバッグを作ってしまう人です。







この一升瓶用(?)のバッグ、初めて見た時から欲しいと思ってしまう人は多い。
おそろしく厚い革で強固に作られた、何ともタフなバッグ。

右側にあるハンドバッグみたいなのも作ってしまうし、本当に何でも作れる人。
このもう少し右側には、ドクター・バッグもある。

どのバッグを見ても格好良いし、どのバッグにも息づかいがある。



大好きなマカロニ・ウエスタンと革細工の両方を、一途に真っ直ぐ人生に選んできた人。

この人と話していると、なんて良い顔して笑うんだろうなぁ、とつられて笑っている自分がいる。
50代の職人さん。
いろんなことを越えてきたのだ。それでも好きなことと大切なことを抱きしめて生きてきた。

あの笑顔は、そんな彼の生き方の垣間見える笑顔なんだと思った。



私は帰り際、職人さんと彼の友達の人と店主の人に、私の作ったものを一つずつ選んでもらった。


店主の人は迷いもなく、薄いブルーのベビーシューズ。

職人さんは『う~ん』と迷ってから、ドラゴンの翼。(犬の指人形とどちらにしようか考えていた)

職人さんの友達は、小さな白い点々のある赤いキノコ。



それではまた会う日まで!と挨拶をして、ありがとうございましたと何度も言って、名残惜しいけどお別れをした。



帰り道、画家の車で来ていたので、画家と話しながら戻った。
画家は実はずっとギャラリーにいたけど、ほとんど喋らなかった。

彼は焼き物でとっても気に入ったものを見つけていて、終始焼き物を見つめていた。
でも古い古い手動のコーヒー・ミル(1950年のフランスの)も非常に欲しかったようでじっとなにやら考えていたのだ。

結局、買い求めることはしないで帰ることになったけど、随分観察したお蔭で細かいところまで記憶していた。


車の中で、画家の気に入った焼き物の話と、私の革の話が交互に続いて、いつまでも感動が離れなかった。




そして。

日もとっぷり暮れてからようやく家に着き、待っていた第二の時間になる。

職人さんは私にお土産を持ってきてくれていたのだ。
総重量14~15kgはありそうな、大きなビニール袋に詰まった端革を。



開けてみて、おおはしゃぎ。大喜びの声が止まらなかった。

職人さんはここにはいないけど、何度も『ありがとう~!』とこぼれてくる。
今まで見たことのない革も入っているし、使い慣れた革も入っている。

毛が付いたのもあれば、馬房にあるような逞しい革もある。
色の付いたものもあるし、焼印が押された部分もある。もう、様々な革が溢れている。

積まれた革を手に取りながら、いろんな気持ちが私の中に生まれてくる。

そして、革を見つめて思う。



いつか。

いつか、あの人みたいに成れるように。

あんなふうに、自分の生きてきた道のりを笑顔にした時に、とっても良い顔で笑えるように。





明日っから、また頑張ろう、といつになく張り切って思った。






スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。