スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の種~2個目

.03 2010 革の部屋 Leather comment(3) trackback(-)



魔法の種を作った今日。


別にネタ切れではないのだ。これは5角形の魔法の種。
前回作ったのは4角形だった。










魔法の種の話だけど・・・

魔法の種は既にちょっと芽が出ている状態で漂着している。

海水にやられていないのが、まず一回目の「魔法の」種らしさということで。
波に揺られてぷかぷかと着いた先の砂浜で、魔法の種はのん気に待っている。


必ず、拾いに来る運命の誰かを。




前回作ったほうの魔法の種は、確か3回まで願いをかけるチャンスがあるという種だった。
3つの願い、ではなく、時間制限付きで願いを言えるチャンスが3度ある。

早い話がいざ願いをかける時になって、願いを言う時間が10秒しかないとして、もたついて10秒経ったら一回チャンスが減るという感じ。
で、それが3度あるから、その3度の中で上手く願いを言うわけだ。


今回の魔法の種はそれとはまた別の種。

種がすくすく大きくなった魔法の木。
その木に洞があるから、そこに入って宝のある場所へ続く道を辿る。

この種は云わば、幸運を手に入れるための扉というところか。


勿論だけど、宝の場所には宝以外のものもある。
欲張りすぎると幸運どころか散々な目に遭う事に。

『だったら要らない』と放っておくか、『自分を信じよう』と木の洞に入るか。




私は木の洞に入るタイプだ。

一か八かはあまり好きじゃないけれど、滅多に遭遇しない『魔法の世界』なら行ってみようと思うもの。




小さな種。

拾うのは幸運か、苦しみか。
それは今までの自分が試されているのかもしれないけど、それではっきりするならそれもまた運命。


革で作った種だけど、魔法が宿れば何とやら。











スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。