スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなクッション

.25 2010 革の部屋 Leather comment(4) trackback(-)





この黒猫は私の家についこの前来たばかりの猫。

大人しいので常に丸くなってじっとしてるのだ。
ほのぼのしていて、その姿を見ているだけでも和む。

だけどちょっと気がかりなことがあり、それを今日は解決することにした。



猫は丸くなっている時、何となく柔らかそうなところや暖かい場所(夏なら涼しい場所)にいる気がする。
ようは気持ちよく落ち着ける場所に、きちんといる。

でもこの黒猫は、そういった『居場所』がない。
これはいけないなぁ、と気がついて、良い居場所を作ることになった次第。






zabuton3.jpg




ちょっと降りてもらったところ・・・

丸いクッションを作ったのだ。 
色があまりよく写っていないけど、実際の色はもっときれいでシックな赤。

革で滑りやすいのは困るので、中央はくぼませて、乗りやすい形に作った。
猫がぴったりおさまる大きさのクッションなので、とりあえず一安心。


これからはこの赤いクッションがこの黒猫の居場所となる。


あとは名前だ。 
名前、何か付けてあげないと。

黒い猫だから、『漆』にしよう。

正確には鉄を混ぜないと黒漆の色にはならないけど、イメージで「漆=艶やかな黒」だから、
これでいいと思う。


黒い猫の毛並みは美しい印象が強い。

私の黒猫もそういう感じから『漆』。







zabuton4.jpg




もう一つ。 居場所があるほうが良いと思った相手は、ドングリの精。

ドングリの精も、漆と一緒にやって来た。
ドングリだけに、最初に思いついたのは黄色い葉っぱ。


なので、彼には黄色い葉っぱをクッションにする。
ただクッションと言うにはあまりに薄いのだけど・・・・・

葉っぱだからね。 せめて厚みのある革で作って、居心地良いように願う。





小さいクッション。

誰にだって、自分専用の居場所は必要なものです。




zabuton1.jpg



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。