スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端革のこと

.26 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
hasigawa4.jpg




今日はちょっと考える日だった。
・・・・・ちょっとじゃないな、結構考えさせられる日だったと思う。


私のHPを見に来てくれた人の中に、検索で来てくれた人がいる。
その人がどのような目的で来てくれたのか、当然知る由無いのだが。

その言葉に、実は考える要素があった。




写真に出した端革。

一応定規も置いておいた。これで少しは目安になると良いのだけど。
この写真は今日、HPにも入れたもの。

そのページは『端革というもの』と見出しをつけ、今日新しく作ったページ。


端革、って何だろう?と思った人へのページなのだ。

検索キーワードはまさにこの言葉。
端革を初めて知った人の疑問、『端革って何?』。


私の生活では、普通にあるものになっているため説明を殆どしていなかったのだ。



検索をかけると分かるけど、端革はセットで『○○g・幾ら~』と安く売られているとか、
サイトによってはメモリのある板の上に乗せた端革を『牛・タンロー、○○DS、¥○○○○・・・』と
丁寧に一つ一つ紹介して売っていたりする。

様々な色。 様々な形状。 様々な加工。 様々な質。

千差万別の端革があるもの。
そしてその端革は、当然きちんとした製品を作ったうえで登場する余り部分だ。


しかしこれだけで説明は充分だろうか。

今日考えさせられたのはそこだった。



端革を使って練習しようとする人がいたら、それは良いと思う。
ただ、お節介かも知れないが幾つか伝えられそうなことがある。

HPに長文で書くのはやはり控えたが、良い面と良くない面は少し書いた。
それさえ書いていなかったから、一応書いたのだけど・・・・・



端革は、安価で手に入りやすく、一度に沢山の革を触れる機会もある。

だけど扱いやすいかどうかというと、それは答えにためらう。
扱いやすい部分もあるが、扱いにくい部分も当然あるからだ。

まして、何か作りたいものが決まっているとしたら、その作りたいものが可能な革かどうか分からない。


端革を買うということは、何か作ろうと思うから買うのだと思う(とりあえずそうだとして)。
作るものが例えば小銭入れか何かだとして、小銭入れが出来そうな大きさを求めるだろう。
一生懸命頑張って、ようやく作った小銭入れ。

端革でも出来て、これで充分だ~と思うのは、実際使ってからの感想だ。

使うもの・目的のあるものを端革で作るというのは、後の経過のほうが気がかりな部分だと思う。
自分用や身近な人用なら良い。
何かあってもケアできる範囲にいるから。

ただこれが、通りすがりのお客さんやネットショップなどでの売り買いに使うとなると、あまり前向きじゃない。

きちんと作ったつもりでも、使った素材のあり方は『端材』なのだ。
つまりそこが、常に留意していたほうが良い点で、長持ちするとか丈夫であるとかそういう箇所ではない所以だ。

誰かが金銭でやり取りを行なう以上は、こうした点でかなり気をつけないといけないと思う。



また、もし売り買い関係なく、自分の楽しみで購入するとして。
端革で事足りると思うことは何度もあると思う。

それならそれで、本当に素敵なことだと私も思う。

お金を出して端革を買う。 勿論、普通はそうやって手に入れると思う。
その買う時に、もし知っていたら役に立つかも知れない当たり前のことを書いておこうと思う。

端革は、ものによっては伸びやすい。
伸びると色も散る。 色が散る、というのは簡単に言えば薄くなるという意味だ。
そして伸びると伸びた分どうしても歪む。
歪むと湾曲するし、平面ではなくなり、繊維もずれる。

接着剤で固定して縫うけど、固定している時はきれいに出来ても縫うと糸でつれることもある。
糸のほうが強く強調される部分もあるから。

一切れの、ほんの20cm足らずの距離でも、端と端は質が異なることは多い。


当然知っていると思うこと、当然想像がつくと思うこと、かもしれないけど、
うっかり気が付かない時だってある。 うっかり表面だけに目をとられることもある。

だから、私みたいな者が言うのはお節介かと思うのだけど、一応ここに書いておこうと思って。



革は革だから、安価といってもそうまで安くはならない。

使用用途が耐久性や頻度に左右される対象でないなら、端革で何かを作ろうとするのは楽しい。
お金を出して買った分、きちんと練習も出来て、楽しめて、作った作品に喜べる。

逆に長く使いたいものが使用頻度や耐久性に問われるようなものである場合。
そういう場合は、端革ということを分かっていて作ると、後々の変化にも愛着が持てると思う。
もし予想外であったら、お金を出したのにこんな風になるなんて、と悲しくなる。

でもそういう部分であることのほうは多い。


それが『端革』ではないかと思う。



手間は、普通にかかるもの。

小銭入れを作るにしたって、扱いや質の良い革を裁断したり縫ったりするのと工程が変わることはない。
むしろ、端革のほうが若干気にしながらの作業が増えるから手間も時間もかかるかもしれない。

そうしたこともあって作るものだから、一際出来上がったときの感動が深い(私の場合は)。





もし、端革を初めて購入して何かを作ろうとする人がこれを読んでいたら。

どうぞ沢山触って、沢山想像して、楽しんで作れますように。

端革で作れるようになると、大きな半裁などを使うようになった時にとても気が楽だと思います。

小さいものを工夫して作ることを覚えていたら、大きい革に自由が利くのは楽しく感じると思うし、

大きい革ならではの、伸びもない・傷もない・歪みもない部分を存分に駆使できるからです。

いろんな癖を持つ端革ですが、癖があると承知での使用なら、真面目に付き合うには良い相手です。

どうぞ、楽しんで、良いものが出来ますように。




hasigawa2.jpg
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。