スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯉のぼり

.27 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
koinobori.jpg




革の鯉のぼりなんて今まで考えたこともなかったが。


それに今回はちょっと私の規律をはみ出している。
革に色を塗らない、という方針なんだけど、この鯉のぼりは塗っている。


鯉のぼり、本当は色を切り抜きであてはめて作ろうと思っていた。

でも調べるうちに、描いたほうが良いと思うに至る。
理由が単純で、鯉のぼりは紙や布に描いたものだからだ。

昔から、そう決まっている。それが鯉のぼりなんだ。


なので私もそれに従うことにした。


それでもあまり塗りたくない気持ちもあって、非常にラフな塗り方で済ませてしまった。
もっとウロコの線とか、ちゃんと描くものなんだけど。

いつか和紙や布で鯉のぼりを作るときには、是非丁寧に描いて作ろうと思う。






koinobori2.jpg





どうやって宙に浮かせようかと思案したけど、置けば一応革なので立ってくれる。
だからまぁ、これで良いかということで。




鯉のぼりの思い出は私にはない。

私の家は中途半端な日本だった気がする。
人種は日本人なくせに、四季折々の行事や風習が殆ど行なわれない家だった。

宗教柄(カトリック)、仕方ないことなのかもしれないが、子供のうちは理解できないものだ。

近所の農家の庭には、それはそれは立派な鯉のぼりが何匹も晴天に泳いでいた。
それを学校の帰り道に見上げては、なんで家はないのかな~とぼんやり思ったもの。


子供の日が何なのかも良く知らなかった。



今回鯉のぼりを作ろうと思ったのは、そうしたことで思い出の為などではなく。

・・・・・約束の為だ。




約束とは言ってみたものの、その人は覚えているかどうか分からないのだが、実は鯉のぼりの話しをした人がいて。
つい半年ほど前だったか。

私が作った『魚』があって、その魚の出来について話題が鯉のぼりに移行したのだ。

見た目がちょっと・・・ いや、結構かな。 鯉のぼりに似ていたから。

その人は、「鯉のぼりみたいで可愛い」と言ってくれて、小さい鯉のぼりなら家に飾る、と。
その時は『鯉のぼりとなると難しそうだな、ちゃんと知らないものなぁ』と思った。

私はそれで、「いつか大きい革で作れるときにチャレンジします」と答えていた気がする。



もうすぐ5月。

近所に鯉のぼりを見かける回数が多くなってきて、半年前に自分が言った言葉を思い出した。




大きい革で作るのはまだまだ無理だろうが、ふと目を向けると黒と赤と青の革が目に入った。
これで・・・ と思い立つ。

作れるかなぁ?と大きさを見ながら、3匹の鯉のサイズを検討した。


何とか出来そうな気がした。

色付きの革は本当に稀にしか見つからない。
あってもちょっとだったり、形がとっても難しくて。

でもどうやら、本当に小さい鯉のぼりなら作れそうだと分かって、今日作ることにした。



夕暮れ時、雨のそぼ降る暗い時間に鯉のぼりは3匹揃った。


後は異国の空に飛ばすだけ。






koinobori3.jpg
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。