スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な木

.02 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)





昨日の話に出てきた『不思議な木』。

本当はもっと葉っぱが多いし枝ぶりも広いけど、そのうち増える予定。
そして根元に泉があるはずだけど、ちょっと今回は見えないことにして。


(5/4追記)
この二日間、大切なことを書くのを忘れてしまった。不思議な木が目の前に出たのでそればかりに気がとられて。
ここにあるカラフルな可愛い丸い実は、制作者が別で、海の向こう遥かなところに住む素敵な感性の持ち主が送ってくれたもの。

その人からの色とりどりの玉が無かったら、不思議な木はずっと作れなかった。
私は不思議な木を以前から見たくて心待ちにしていたのだ。

ここに記すことが遅れて本当に反省。



tokap-tomi2.jpg




不思議な木は丸い実を飛ばす。

丸い色とりどりの玉の実をぽんぽんと飛ばし、その実はすぐに消えてしまうので、
実を手にしたものには実と引き換えに泉の水が汲める。

木と話をして、木が条件を言い、その条件をこなすと『水』を手に入れる。


水は非常に珍しいもので、その水を求めて旅をして遥かな道のりを来る者が度々。
度々、というのも辿りつくのはとても厳しいから。



この水の効力は何なのか。

私は知っているけど、ここには書かないことにした。
ちょっと、人によっては信じがたい内容だったから。


私が信じていればそれで良いこと。







magic-tree2.jpg




自分が大人に成りきらなかったのかと、たまに思う時がある。
それが良いか悪いかは私にしか判断できないとも思う。

でも約束したんだ。


『大人に成ると、皆子供の時の想いを忘れる。皆見えるものしか当てにしなくなる』という言葉に、
『私は絶対忘れない』と約束したことがある。

二十歳手前くらいの時、いろんなものが濁り始めてその約束を無視しようとしたときがあった。
でも結局、罪悪感みたいな妙な感覚が時折自分をかすめていくのが気になって、もう一度、心の声に従おうとなった。
その後は更に現実の重荷が増えて酷い時期に見舞われたけど、不思議なことに自分が自分でいようとすればするほど、私は現実味のある日常よりも見えないものと聞こえない声を身近に思うようになった。



今は、多分『約束』は守れている。

一度離れて約束を破った私にまた何が宿るというのでもないだろうが、今再び約束の時と同じ心になっているのは確か。




不思議な木。
私の前に現れたその姿にまだ話しかけていない。

木はなんて答えるのだろう。







magic-tree3.jpg



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。