スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6本編み ~Round Braid of Six Thongs.

.04 2010 制作の部屋 Making comment(4) trackback(-)
br-black2.jpg




今になって6本編みを載せるのもどうしようかな、と思ったのだけど・・・

8本、9本と編み方を載せているけど、4本や5本、6本・7本編みを載せていない理由があって。
4~7くらいまでの本数で編むものは、探すと本に載っているもの。
それもそう高い本に載っているわけではなく、本屋に注文して1000円以内で買えたりする。

奇数の紐編みはあまり使わないかもしれない。でも4本・6本は一般的な編み方だと思う。
そうした理由でブログで説明する必要もないかなぁと今迄触れなかった。


でも、私のところには少なくても1日1人は必ず「編み方」を検索して訪れる。
「編み方」は多くが8本編みを探しているらしいのだけど、ちらほら6本編みを探している人もおられるよう。

それで一応載せておいたほうが役に立てるかなと思って、今日は6本編みです。


折角、知りたくて辿りついたというのに分からないままだったら悲しいですものね。





今日使った革は、厚さが2mmちょっとの牛革です。
長さは30cmで、紐の幅が3mm程度です。
出来上がりの本体を18cmと仮定して、両端が5cmくらいずつ余るように作ります。

用途はブレスレットということで。


まず紐を固定します。 私の使った紐は長い紐を二つ折りにして使うものではなく、1本ずつばらばら。
ですから、今回は見やすいようにクリップで留めてありますが、通常は糸を巻いて束ねて固定します。




6br1.jpg


1.左から、a.~f.と呼んで説明をします。




6br2.jpg


2.はじめに真ん中の2本、c.d.を交差させます。c.の上にd.を乗せます。



6br3.jpg


3.次に右端のf.を裏から左側に回し、一番左の紐a.をよけて、b.の上を通らせてd.の下をくぐって中央に出します。



6br4.jpg


4.今度は左端のa.を同じように裏から右側へ回し、一番右の紐をよけて、c.の上を通らせてf.の下をくぐらせます。



6br5.jpg


5.この時点で右端におかれているe.を、3の時と同じように裏から右側に出し、d.の上、a.の下に通します。


6br6.jpg


6.次は、左端にあるb.を裏から回して、f.を越えて、e.の下をくぐります。



6br7.jpg


7.次は、右端にあるc.を裏から回して、a.を越えて、b.の下をくぐらせます。



6br8.jpg


8.次は、左端になっているd.をこれまでと同様に、裏から反対方向に回し、一番端の紐をよけて、
  次の紐を越えて、その次の紐をくぐるのです。


  これで6本全てが組まれました。後は要領を繰り返しながら編み進めていきます。

  


6br9.jpg




  編みあがった全体です。用途によりますが、紐の端は接着剤を塗って別の革紐で巻いて留めるとか、
  別の革で挟んで縫い閉じるとか、そうした方法で終えることが一般的だと思います。





以上が6本の編み方でした。 丸編みとか、6本組編みとか、そういう編み方のものです。

私は説明があまり上手ではないのですが、こんな説明でもお役に立てれば嬉しいです。
お試しになられる方、どうぞ良いものが出来上がりますように!






br-black_20100504173406.jpg
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。