スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える男の人の話

.07 2010 一人芝居の部屋 comment(6) trackback(-)
6-ea3.jpg


(↑新しい主のもとに届いた「羽」。その方が写真に撮って下さったもので、
  本文とは関係ないのですが良い写真だったので載せました(^^)・・・)




今日はずーっと話を聞いている日だったと思う。
会話もあったけど、聞いているほうが時間は長かったかもしれない。

ものづくりとは無縁のテーマで、そして私の性分には合わないテーマで。

男性と女性の関わり方、思い方、何というべきか、つまり早い話が夫婦についてだった。



こうした話題は得意ではない。
にも拘らず、その手の話は人々の悩みの種になる割合が多く、肝心の相手には言えないことが問題でもある。

それで私は話を聞くことに。

でも意外と面白いことも知った。
男性の視点というのはやはり男性から聞くものだな、と納得することが多々あった。

会話の相手は男性だったのだけど、比較的大人しいタイプの人。
その人に、「女性は女性の特徴があって、男はいつでも困っている」と話を持ちかけられた。

私は女性らしいかどうか分からないが、参考になれば、と。


何かの記事で見たのだけど、グーグル検索で『夫』と入れた後に空白をつけると、
空恐ろしい言葉がずらっと並び、驚くことになる。
今日の話し相手もその記事を知って、『夫』の文字を検索したところ愕然としてしまったという。
それは「夫」の後に、「嫌い」とか「死んでほしい」とか「小遣い平均」とか、そうした言葉が続くからだ。

なるほど。モニターを見て私はうっかり笑ってしまったが、振り返ると彼は笑えていない。

ちょっと咳払いして、『妻』も見てみようよ、と検索したところ・・・
今度は私が愕然とした。
『妻』の続きには、「誕生日プレゼントランキング」とか「喜ぶ プレゼント」とか「記念日」とか。
私は何も悪くないのだが、何とも居心地の悪い空気が漂う。


彼はこの差についてやり切れないようで、
「嫌なものも我慢して働いている間に、妻が家で夫の悪いものを検索していると思うと悲しくなる」と言った。

そりゃそうだ、と私は答えた。
そしてそれ以上は言葉が出てこなくて、ちょっと黙った。

彼は続けて言う。
この二つの検索を見ても、世の男性は女性に随分気を遣っていると分かるでしょう?と。
でも女性側からの検索には『プレゼント』の一言どころか、「死ね」だ「小遣い」だ「嫌い」だと連続している。
妻を褒めると勘ぐられ、褒めなければ嫌われる。
一緒にいると煙たがられ、休日留守にすると責められる。
はっきりものを言うと『自分勝手で男性優位』な主張だとされ、黙っていると『逃げている』と言われる。
皆が皆そうではないと思うが、検索の言葉に思い当たる節がある。

不真面目な人もいるけど、真面目に頑張っている男性にとっては、なぜそうされるのか分からない、とくくった。


なんて難しい話を出すんだ、この人は。 と、心の中で溜息。
どう答えても納得できる答えなど私に言えるわけがない。

一緒になった夫婦が仲違いするか死ぬまで幸福か、それはどちらかしかないのだ。

幸福な夫婦の存在が稀なのは私だって分かっている。
お互いを尊敬できるかどうか、大切にしたいと思えるかどうか、それが自ずと湧き出るから幸福でいられるのだ。

でももし、片方がそう思わなかったら。
もう片方は砂漠の砂に水を掘るような苦労をすることだろう。


今迄女性の話でそういう話を聞くことが多かったが、男性から聞くとそれもそれで気の毒だと思った。
そして、男性の場合は、真面目な男性であるほうが女性ウケする思考を持ち合わせないらしいことも分かった。

何となく納得してしまった。
女性ウケする男性だったら不真面目になる可能性は高そうだし、
それがない男性なら真面目である可能性は大きい。

無口で、思ったことを何でもかんでも言うような性質ではなく、プレゼントも得意ではなく、
うまい言葉で返す方法も考えつかない男性なら、確かに苦労する気がした。


今日話していた男性はまさにそうした人で、「俺はどうすればいいのだろう」と凄いジェスチャーで訴えた。
女性はどうしてほしいのだろう、と訊いてくる。

そうさねぇ・・・・・と私も考える。


大体の女の人は、女の人側の意見を言う。
でもその意見は、女性への理解を深めるに当たっては良いかもしれないけど、多分解決策にはなっていない。
どうしたって男性が努力や我慢を増やすことのほうが提案されるものだ。
でも真面目に生きている自分がなぜそんな妙な気遣いや機嫌伺いを立てなきゃいけないのだ、と男性は不満が残る。

何をしても喜ばない、何もしなくても(?)喜ばない、ならどうすれば仲良くしていけるのだ、という質問。



私が答えられることは大した手伝いになりそうな気がしない、と前置きをして。

女性とか男性とか意識しても仕方ない気がするが、あくまでそういう流れで続けるなら、
もしかすると思っているよりも単純なことで済むのかも知れない、と私は話した。

女性に限らないとは思うけど、女性特有の習性があるとしたらそれは『恐がり』というものかも。
意味は、「自分が大切にされているかどうかと気にする行動」にあると思う。
自分の変化に相手が気がつくとか、思いやりのある時間を提供してもらえるかどうかとか。
大切にされていないと知ることは『恐い』ことなのだ。
その『恐さ』を知ってしまうと、それに支配されたくないから相手を嫌うことで自分を守ろうとする。


例えばどんなことで大切にされていると思うの?と訊くよりも、見ていれば分かることのほうが多い。

見る時間がないと言うならそれ以上は言わない。
でも休日や時間のあるときに、奥さんを観察してみると良い。

つまらなそうにしているのはどんな時間か。
嬉しそうな顔をしている時はどんな時か。
何を見て溜息をつくのか。
何をして愚痴を言うのか。

それらを細かくチェックして全部に対処しろなんていわないけど、ヒントは得られると思う。

無理やり一緒にいるだけでそれぞれ好き勝手なことをしていても仲良しにはならないかもしれないけど、
お互いをよく知り合って尊重しあう人たちなら、別のことをしていても仲良しのままでいられるのはなぜだろうか。

女の人は、ほんの少しのことでも気持ちが明るくなれるものだと思う。
逆にその『ほんの少し』が全然なくなってしまったら、それで自分への評価を判断してしまうこともあるよ、と・・・





こんな話しが延々と数時間にも及んだ今日。

あれこれ話は飛んだけど、結局のところ解決策なんか見つかったのだろうかとすっきりしないでいる。
私は女の人と男の人という違いで物事を結論付けるのは苦手なのだけど、
やっぱり何かそういった異なりで擦れ違い続けるのだろうか。

人と人、ではなくて・・・ 

難しいなぁ。





スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。