スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハサミ入れ

.13 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
hasamiire.jpg



☆シザーケースと呼ばれるものでは全くありませんことをご了解ください(笑)。
 見ての通り、一つのハサミを入れるための入れ物です。


ハサミ入れはいつ誰がどうして使うから要り様なのかというと。

そんなに難しいことでもない。
だけど家にある人にとっては、ハサミを入れる保護の袋なんて必要ないから分からないかも。
持ち歩く必要があるとき、ハサミがあちこちにぶつかって他のものに傷をつけないように、ハサミ入れはある。




hasamiire-1.jpg


↑これは一昨年だったかな? 大きいハサミ用にこしらえたハサミ入れ。

私は表に出る時にたまにハサミを持っていくときがあって、柳の枝や太い蔓を採取する時必要だった。
小さいハサミではとても太刀打ちできないが、剪定バサミを持っているのもいかにもという気がして大きいだけのハサミを使っていた。
この大きいハサミ入れは後ろにベルト通しがあって、ベルトに下げて山林に入ることが出来た。


こういった使い方をするばかりではないけど、普通の人だってハサミ入れは使う。

今日作ったのは対象が大人じゃない。
昔の記憶でこういう記憶がある人はいないだろうか。
小学生のころ、道具箱を夏休みに持ち帰るとか、学期末に運ぶとか、そういった記憶。
大体の人はあまり気にしないけど、中には心配性な子もいてきちんと運びたがるのだ。
そういう子は、ハサミにケースをかぶせていたり、粘土ベラがちゃんと入れ物に入っている。
道具箱の中まで心配無用の状況が整っているのだ。

ちなみに私は気にしない子供であった。




hasamiire2.jpg



今回、ある小学生がハサミ入れを見せて相談してきた。

初めは自分の持っているハサミ入れを見せてきて、ほらこれ、と見せてくれているだけだと思ったが、
何度も何度も見せているので不思議に思って、その子の言葉を注意して聞いていたら。
どうやら、小さい頃にもらったハサミ入れの柄が恥ずかしくなっているらしい。

それで「ああ~・・・」と理解して、革で作ってあげようか?と言ってみた。
その子はすぐに大きく、うん、と頷いた。


という次第。




さて、ハサミ入れ。

道具箱に入っていても大丈夫だろうか。
丁度良く硬さのある、端っこ部分に牛革が見つかったので、単純にパタンと折って縫い閉じた。
ボタンはいつもどおり(安物だけど)、普通にぱちんと留めるもの。


次に通りがかる時に渡してあげないと。





hasamiire3.jpg



追記: ご存知の方には説明不要なのだけど。
    私は動物と子供からはお金を頂戴しない方針です。
    人様の依頼に応える仕事ではないけど、なら尚更、
    今回のハサミ入れの主になる子との間に金銭の発生は一切ありません(笑)。 
   
    この記事を読まれた方がその点で疑問に思ったなら、という注釈です・・・
    
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。