スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残るもの2

.24 2010 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(-)
0524.jpg



今日も持ち帰りがあった。

いちいち写真に収めるようなものでもないけど、他に何もないので・・・
でも明日あたりはなさそうだ。

だって明日は本ばかりになる予定。

片付けも終盤に入って(多分)、やっと大きい本棚へ。
本の荷造りが終わったらようやく運び出しが出来て、
そしてまた革作りの日々が来る、はず。





0524b.jpg



全然関係ないのだが、今Yann Tiersenのアコーディオン演奏を聴いていて。
これを書きながら哀愁漂うアコーディオンの音色が流れている。

不思議なもので、このおもちゃ達さえ何だか哀愁がにじんで見える。音楽は大切である。


忘れていた存在が、いつ出会ったかも思い出せない存在が、ふと手の平に滑り込んだ『持ち帰り』。
こんな指人形持っていたんだ、と笑った。

絵本とセットで、どちらかと言うと人形がメインのような本だった。
それでまんまと出版社の意図にはまって、本付き指人形を買った記憶が。
この写真のセットは『ジャックと豆の木』で、たしかハープもあった気がしたが・・・

なくしたかもしれないなぁ。




0524c.jpg



こっちは見ての通り、赤ずきんちゃんの話。
おばあさんに扮した狼までいる。

これで人形劇をして見せたことがあった。
随分前のことだから、誰がどんなふうにそれを観ていたのか、すっかり忘れているけど。

でもまぁ、指人形としての役割は一度二度は果たしている、という。




0524d.jpg



孔雀石のサイ。
角と足1本が折れてしまっているけど、きれいだったので捨てられなかった。

孔雀石の緑色って、木の葉の色のようだ。

深くて、明度があって、とろんとした色。
美しい色の石だ。





0524e.jpg



小さな小さなティーセット。

一円玉を置いてみたから比較になるかな。
とても小さい陶器のお皿やカップ。

どこも破損していないまま、ぐちゃぐちゃに箱の中でひっくり返っていた・・・
古いもののようで、箱もプラスチックのケースも黄ばんでいた。
でも中のものは真っ白のまま。

身長10cmの人がきても、とりあえずお茶くらいは出せそう・・・なんて考えていた。


しかしいつ手に入れたものだかさっぱり思い出せない。
哀愁は漂いっぱなしだけど、ちょっと記憶が途切れている。





0524f.jpg




鍵の形をした・・・ こういうの何ていうんだろう?

とにかく壁にかけて、釘の出ているところが引っ掛ける用途に役立つもの。
焼いた木なのでとても軽い。

ふと見上げたドア付近の壁にぽつんとかかっていた。
それで『ああ、忘れていた』と、これもバッグに入れた。



なんでだろう。

不思議なのだけど、ふと思いもよらないほうに首を向けたり、視線を移したりするとき。
ちっとも気にしていなかったものの側を通り過ぎたり、指があたったり。
それで『あれ?』と気がそちらに向くのだ。

まるで呼ばれるような、そういうことなんだろうか。


もしかしたら、そうやって一緒に行こうと思っている、そんな心の宿ったものたちなのか。
いろんなことがかすめて、いろんな終わりが見えて、

そして皆、いろんな始まり方を待っているのかも。






0524g.jpg
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。