スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガモの絵

.19 2010 未分類 comment(2) trackback(-)
magamo.jpg





マガモの絵。 見たままだ。
パステルで描いてある。

A3のボードに描いた。 紙の選び方が間違えてるかもしれないが、別に構わない。

絵なんて、絵でいいはずなんだ。








何日も前から作れない波が来て、ついでに絵まで描けない自分がいる。
ろくに何も作れないのに、追い討ちをかけて絵まで思うように描けないとは。

こういう波はよく来ているから、いつものようにやり過ごすことも出来そうものだが
そう上手くはいかないよう。

かなり重症だ。


今日はどのくらいの間、泣いていないのか分からない。
ずっと泣いていた気がする。
前向きに努力しているのが裏目に出たんだろう。自分を抑え過ぎた。

ちょっとしたきっかけが最後の一打ちになって、押し込んでいた『変えたい自分』が突然溢れた。

自信がなくて自分が嫌いで、何一つ何の影響もないものを作り続ける自分の惨めさに
全身覆われた朝。

捉え方で、考え方で、強く信じることで、進もうとする道を歩けると
前向きに自分を変えようとしていた。
ぐらっとするたびに聞こえる耳鳴りの声に足をとられながら、それを振り切って今日まで来た。


今日、耳鳴りが頭の中に銅鑼のような割れ鐘の声になって、
それに掴まった。



もう一度、前を向けるんだろうか。

涙が拭いても拭いても出てくる。

また、自分がどこかに見えなくなったりしないだろうか。

怖れと空しさが雨のように降り注ぐ。




夕方、破ったり丸めたりした紙の隙間に、震える絵が見えた気がした。
その時、電話がかかってきて電話に出ると、画家の声がした。

何となく、画家に好きな動物を訊いてみた。


画家は『カモ』と答えた。



電話を切った後、破くに破けないボードを引っ張り出して、
パステルを掴んでカモを描いた。

透けるように見えた震える絵が、白いボードに段々見えてくる。


描きあがったカモの絵を見て、
涙がまた落ちた。


どうなるんだろう。

どうしたら良いんだろう。


でも頑張るんだろうか。

また、無駄だと知っても、所詮無意味なことだと分かっていても
また頑張ろうとするんだろうか。


頭の中の声が止まない。








magamo1.jpg


スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。